Edited at

英語の職務経歴書/CV/Resumeの作り方

More than 1 year has passed since last update.

2018年10月からスウェーデン、ストックホルムに転職予定のエンジニアのKeです。

英語でResumeを作成するのは、

最初はとても困難な作業かと思います。

私も何度も心くじけました。

そこで、私が何回もResumeを書き直しながら、

実践した内容をここにまとめておきます!

ちなみに、Resumeは日本で言うと職務経歴書に近いと思います。

履歴書も一部含みますが、名前、連絡先、最終学歴を書くくらいです。


まとめ


  • 希望している募集要項 / Job Description にマッチするように

  • 経歴10年で1ページ

  • 関連ある職歴から成果の大きい順番に具体的な数字と共に記述

  • Improved Decreased Archived Created などの強調的な動詞を使う

  • 具体的な数字を差し込む

  • Native Speaker にレビューしてもらう

  • LinkedInも更新して居住地を移住先に変更


Job Descriptionを研究する

目指している国の行きたい会社を複数ピックアップし、

Job Description、いわゆる募集要項を見てみます。

相手が何を求めているのかを研究するのです!

募集要項には必ず相手が求めている、

具体的な経験やスキルが書かれているはずです。

まずは、その中の英語をしっかり読んで、

それに沿った形のResumeを作成するのが近道です。

ついでに、技術英語の勉強になるはずです。


具体的な数字を必ずつける


  • Optimized xxx by 200%.

  • Increased xxx by 150%.

企業に対してどんな貢献をしたのか、

採用担当者に伝わりやすいように、

具体的な数字と共に記述します。

もちろん、募集要項にマッチしていることも大事です。


構成

以下、私のResumeの構成です。参考になればと。

Contact Information

- 名前

- 電話番号

- メールアドレス

- 居住地

当時は、東京在住だったので、Tokyo Japanと記載。(詳細な住所は不要)

移住サポートをしていない企業の場合、

おそらく居住地をみて対象外になる可能性もありますが、仕方なしです。

Work Summary

3行くらいで経歴をまとめましょう。

採用担当者が読んだ後、

「この応募者は、募集要項にすごくマッチしている!」

「Resumeをしっかり読もう!」


と思わせられるかが肝です。

Skills

言語、データベース、フレームワーク、ゲームエンジンなど、

募集要項に関連ある、経験ある具体的なスキルを箇条書きにしました。

Work Experience

- ポジション

- 会社名

- 期間

- 達成事項

募集要項に関係が深いもの順に記載。

達成事項は、

- 成果の大きい順に

- 具体的な数字を入れる

がポイントです。

Education

最終学歴。できれば、職種と関係あるComputer Scienceがよいはずですが、私の場合、理学部化学科の学部卒でもスウェーデンへ転職できました。

ただ、国によっては、労働許可取得に大きく関わるはずです。


LinkedInも更新

SNS上で自分のResumeを更新し、

自分のキャリアが相手の需要にマッチすれば、

世界中のリクルーターが連絡してきてくれます。

コツとしては、居住地を移住したい国にしてみることです。

そうすることで、移住先の採用担当者から連絡が来る可能性があります。

私は、実際複数のリクルーターから連絡がきて、

そこから面接や面談がスタートしていきました。


Resume作成で参考にした記事まとめ

6 Universal Rules for Resume Writing

139 Action Verbs to Make Your Resume Stand Out


最後に


  • Resume作成のTipsは、英語で検索しましょう

  • 四半期に一回など、更新する癖をつける

  • リクルーターと連絡するときは、ついでにResumeのレビューをしてもらう