0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

OpsRamp 新規デバイス検知時にProcess Workflowでアラートを作成してみた。

概要

以前の記事「OpsRamp 自動検知設定/監視設定について」で自動検知設定についてご紹介しましたが、例えばIaaSインスタンスがクラウド上で増えた場合。OpsRamp側でも新規にインスタンスが自動的に登録されます。そこで新規追加時にOpsRamp側でそれを知らせるAlertを生成するWorkflowを作成してみました。
今回はAWS環境のリソースを対象にします。

まずWorkflowの説明をします。
1, OpsRamp上でデバイス=インスタンスが新規追加される
2, それをトリガーにWorkflowが動く
3, 新規アラートが生成される

Workflow自体は非常にシンプルです。

各タスクの説明

画像の各タスクをWorkflowの流れと一緒に順に説明します。
※原則記載の無い設定項目はデフォルト値です。

startevent(新規検知)

AWSリソースが新規検知された場合、このWorkflowを開始する。
自動検知したAWSのインスタンスのMakeのフィールドが「AWS」となっていたため、
こちらで条件を付けてみます。

項目
Name Created
ID 自動入力
Configuration Resource
Configuration2 Created
Filter Criteria $make = "AWS"

Service Task(アラート生成)

検知されたリソースの情報をもとにinfoアラートを生成します。

項目
Name Alert
ID 自動入力
Service Platform Service
Task Create Alert
Subject $created.resource.name discovered
Current State info
Metric Name new_resource_discovered
Resource Name $created.resource.name
Description NAME:$created.resource.name, IP:$created.resource.ipAddress

アラート確認

実際に確認してみます。

アラートを生成するために、デバイスを手動で作成します。

このようにアラートが作成されました。
重要なアラートについては、Alert Escalationからメール送信してもいいかもしれません。
0030.png

以上です。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?