Help us understand the problem. What is going on with this article?

Gitを使い始める時のHTTPSでの認証情報の設定

この記事を読むとわかること

HTTPSでGitHubリポジトリをクローンする場合、MacOSXにおいて、バージョン1.7.10以降のGitではosxkeychain資格情報ヘルパーが使える。これを使うと、OSのキーチェーンにOSのユーザーアカウントの認証情報がキャッシュされ、有効期限切れもない。これで資格情報を変更しない限り、接続のたびに認証情報の入力が不要になる。
ちなみにHomebrewを使用してGitをインストールした場合、osxkeychainヘルパーはすでにインストールされている。

前提条件

OSバージョン: macOS Mojave Version 10.14.6
homebrewがインストール済みであること
gitバージョン: 2.27.0

手順

1. Gitの認証情報ヘルパーがすでにインストール済みかを確認する

$ git credential-osxkeychain
usage: git credential-osxkeychain <get|store|erase>

上記のように出力されればインストール済み。
上記のような表示と違う場合はGitのマニュアルのこのページの手順2を実行して認証情報ヘルパーをインストールする。

2. グローバルcredential.helper構成を使用してosxkeychainヘルパーを使用するようGitに指示する

$ git config --global credential.helper osxkeychain
$

終わり。

参考情報

Cloning with HTTPS URLs (recommended) (docs.github.com)

Caching your GitHub credentials in Git (docs.github.com)

7.14 Git Tools - Credential Storage (git-scm.com)

Getting Started with Git and GitHub (Codecademy Articles)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away