LaTeX
MacTeX
macOSSierra

macOS Sierra に最小限の LaTeX 環境 (MacTeX 2017) を構築

この記事では、macOS Sierra (10.12) に最小限の LaTeX 環境 (MacTeX 2017) を構築するための手順をまとめています。目標は、LaTeX 環境を最低限のコンポーネントで使えるようにすることです。この記事は OS X (El-Capitan) に最小限の LaTeX 環境を構築 を MacTeX 2017 に対応させたものです。

実際に使用している環境:

  • ハードウェア: MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
  • OS: macOS Sierra version 10.12.6
  • パッケージ マネージャー: MacPorts version 2.4.2

主な手順:

  1. TexLive のサブセットである BasicTeX をインストール
  2. TexLive パッケージ管理である tlmgr を使って環境を最新版に更新
  3. Ghostscript をインストール
  4. 日本語環境を構築
  5. 次は?

なお、ここで説明する手順は、LaTeX 環境がインストールされていないことが前提としています。すでにインストールされている場合は、https://tug.org/mactex/uninstalling.html を参照して先にアンインストールしてください。

TexLive のサブセットである BasicTeX をインストール

BasicTeX は https://tug.org/mactex/morepackages.html から入手します。インストーラ BasicTeX.pkg が提供されているので、ダウンロード後に実行してください。インストールが完了すると、次のディレクトリーにファイルが配布されます。

/usr/local/texlive/2017basic/
メインのファイルが配置されている場所です。2017basic は、2017 版の BasicTeX をインストールした場合です。これ以降、パッケージをインストールすると、このディレクトリ下に配置されます。
/Library/TeX/
配布データの保存場所です。このディレクトリにあるファイルは、特に見ることはないでしょう。
/Library/PreferencePanes/TeXDistPrefPane.prefPane
システム設定用パネルです。

TexLive パッケージ管理である tlmgr を使って環境を最新版に更新

TexLive のパッケージを更新したり、新しいパッケージを追加や削除するには、コマンドラインベースの管理プログラム tlmgr を使います。Terminal を起動して、次のコマンドで TexLive 自身と全てのパッケージを最新版に更新します。

$ sudo tlmgr update --self
$ sudo tlmgr update --all

Ghostscript をインストール

この記事 BasicTeX - Smaller Download によれば、pdfLaTeX を使う場合 Ghostscript は必要ないが、eps フォーマットの画像を他のフォーマットに変換したり dvi ファイルを処理したりするときに便利であると書かれています。とりあえず、ここでインストールすることにします。

インストール方法は、TeXLive からインストール パッケージ Ghostscript-9.6.pkg を入手するか、パッケージマネージャ MacPorts などを使ってインストールします。

日本語環境を構築

次は、日本語文章を作成できるように、日本語文章をコンパイルする最低限のパッケージのインストールとその設定を行います。ここは、macOS に Tex Live 2017をインストールする をもとにまとめています。

まず、日本語フォントのマッピングを行います。これには、ptex-fontmapscjk-gs-integrate パッケージをインストールします。

$ sudo tlmgr install cjk-gs-integrate ptex-fontmaps adobemapping

補足:
MacTeX 2015/2016 では jfontmaps でしたが、2017 では ptex-fontmaps に変わりました。
MacTeX 2015/2016 では adobemapping は不要でしたが、2017 では adobemapping をインストールしないと、pdfdvimx を実行する時にエラーが出ます。

次は、cjk-gs-integrateを使って日本語フォントへのシンボリック リンクを張ります。

$ cd /usr/local/texlive/2017basic/texmf-dist/scripts/cjk-gs-integrate
$ sudo perl cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --force
$ sudo mktexlsr

それから、作成されたシンボリックリンクを使って、実際に日本語フォントへのマッピングを設定します。

標準、つまりNシリーズではないフォントの場合
$ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed hiragino-elcapitan
Nシリーズフォントの場合
$ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed hiragino-elcapitan-pron

N シリーズとそうでないフォントの違いは、「ヒラギノ明朝 Pro」と「ヒラギノ明朝 ProN」の違い を参照してください。

これで、日本語フォントが LaTeX で使えるようになりました。後は、日本語文章をコンパイルできるように最低限のパッケージをインストールします。

$ sudo tlmgr install ptex platex ptex2pdf jsclasses japanese-otf latexmk
ptex, platex
日本語文章をコンパイルするためのコマンド ptex (platex) をインストールします。必要なパッケージも一緒にインストールされます。
ptex2pdf
日本語文章をコンパイルし pdf ファイルに出力できるコマンド ptex2pdf をインストールします。
jsclasses
日本語文章に使えるスタイル jsarticlejsbook をインストールします。
japanese-otf
日本語のオープンタイプフォント japanese-otf をインストールします。
latexmk
TeX ファイルのコンパイル処理を簡略化するコマンド latexmk をインストールします。参照や目次などを生成するときに、自動で必要なコンパイルをしてくれるので、latexmk 自体は一度だけで実行すれば済みます。

次は?

今回インストールしたのは BasicTeX という最低限の LaTeX 環境なので、次は、LaTeX パッケージ管理コマンド tlmgr を使って、必要なパッケージをインストールすればよいのです。

ちなみに、私の環境では、下記のパッケージをインストールしています。

  • collection-fontsrecommended 推奨されている色んなフォント
  • type1cm タイプ 1 Computer Modern フォント
  • biblatex 参考文献
  • biber 参考文献
  • bibtex8 参考文献
  • subfigure 図表の分割
  • dvipdfmx pLaTeX を使用すると dvi から pdf に変換します
  • multirow 表で複数行を挿入
  • lastpage 総ページ数の参照
  • lipsum ランダムな文章
  • titlesec セクションの代替ラベル
  • wrapfig 画像を文章と一緒に取り込む
  • sidecap 画像のキャプションを両側に配置できる
  • standalone 単独で図をコンパイルする
  • preview LaTeX ソースをプレビューする
$ sudo tlmgr install collection-fontsrecommended type1cm biblatex biber bibtex8 subfigure dvipdfmx multirow lastpage lipsum titlesec wrapfig sidecap standalone preview