Edited at

GitHub Desktopの使い方

More than 3 years have passed since last update.


概要

GitHub Desktopリリースされました :tada:

早速使ってみたので、使い方を説明します。

説明は適宜追加していきます。

まずは簡単なところから。


cloneからpull requestを出すまで


clone

起動時の画面

「+」を押してcloneしたいリポジトリ選択する。

ちなみに、自分がforkしたものと所属しているオーガニゼーションのリポジトリしかcloneできなかった。

(forkはこのアプリではできないのでブラウザ操作等で行う)

cloneする場所を選ぶ。

clone後の画面


ブランチを切る

ブランチマークを押して、切りたいブランチ名を入力し、「Create Branch」を押下。

ブランチを切った後の画面


ファイルを編集する

任意のエディタでファイルを編集する。

Atomを使ってる人は、メニューバー -> Repository -> Open in Atom (⇧⌘A) でAtomが開く。

編集後の画面

差分が見やすい。


コミットする

コミットメッセージを入力して「commit to 〜」を押下。

間違えたら「Undo」で簡単に戻せる。


pull requestを投げる

「Pull Request」を押下する

PRのタイトルと説明を書いて、「Send Pull Request」を押下する。

PR作成成功後の画面

リンクを踏むと、GitHubのPRの画面に遷移する

以降、コミットを積み重ねていき「Sync」を押すとリモートにpushされる


補足

Gitを操作する上で、基本的で最低限の機能に絞ったイメージ。


  • git addは無い。

  • git add -pなんかも無い。