Help us understand the problem. What is going on with this article?

SpringBootで開発した時に参考にしたサイトまとめ

More than 3 years have passed since last update.

※随時更新中

SpringBootにもちょっと慣れてきたので、そろそろ参考にさせてもらったサイトをまとめてみようかと。備忘録も兼ねて。
SpringBootだけじゃないですが。。

環境

Windows7 64bit
Java 1.8.0_102
Gradle 3.0
SpringBoot1.3.3 RELEASE
MySQL5.1
Postgres

テンプレート

※2016/11/28現在、SpringBootではまだThymeleaf 3系には未対応なようです。
Thymeleaf使ってるのでやっぱりチュートリアルは外せない

  • Thymeleaf 3.x

Tutorial: Using Thymeleaf (ja)

  • Thymeleaf 2.x

Tutorial: Using Thymeleaf (ja)

  • Bootstrapのテンプレート

SB Admin 2

controller

  • controller内での値の引き回しに。

Spring BootでSessionを扱う(SessionAttribute版)

  • RedirectAttributesを使って値を渡す方法

Spring Bootでリダイレクト先にパラメータを渡す方法

form周り

  • formをリストで使ったりした時の書き方

Spring Boot(MVC)のFormにてネストしたオブジェクトを扱う

view

ajaxを使って一部ページを更新

いろいろ苦戦したので、自分でもまとめたいと思います。

Spring Boot触ってみる その2 ーController,テンプレートエンジン(Thymeleaf)ー

validation

Spring web MVC Validation

  • カスタムバリデーションを作る方法。独自のアノテーションを作る。

SpringMVCで独自Validationチェックをする

エンティティ

  • よく忘れるアノテーション

JavaEE使い方メモ(JPA その2 - マッピング)

DB周り

基本的にentityは主キーが1つが前提なようなので、複数キーの場合はいろいろ不都合があっていろいろ使ってます。

  • JdbcTemplateのquery,queryForListとか

SpringFrameworkでJdbcTemplateを使ってみる(Javaアプリケーション)

テスト

  • データベースを使ったテスト

Spring Boot で DB アクセスまわりのテスト

  • 設定もろもろ

SpringBoot/SpringMVCでRepositoryのテストを楽にするspring-test-dbunit

  • Spring Test DBUnit使いました(でもまだうまくいってない→autoCommit=falseが出来ない。。トランザクションが別だから共通にしたいのに。。)

Spring Test DBUnit

その他

yukiko-bass
ゆるゆる在宅エンジニア。そろそろ他の言語をやりたいよー noteに書くかQiitaに書くかお試し中
https://note.mu/on_bass
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした