El capitanにrEFIndを導入するとき

  • 12
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

外部HDDにLinuxを導入して,Mac起動時にLinuxを起動できるようブートローダ(rEFlnd)を入れたときに引っかかったお話

問題


rEFInd からA binary zip fileを落としてきて,

./refind-install

すると

Copied rEFInd binary files

Copying sample configuration file as refind.conf; edit this file to configure
rEFInd.

Could not set boot device property: 0xe00002bc

ALERT:
Installation has completed, but problems were detected. Review the output for
error messages and take corrective measures as necessary. You may need to
re-run this script or install manually before rEFInd will work.

Unmounting install dir
Volume EFI on disk0s1 unmounted

と怒られてしまった。

これはMacOSX El capitanの変更点であるSystem Integrity Protection(SIP)が原因である。
SIPはrootの権限を狭めることによりセキュリティを向上させる機能
詳しくは,El Capitanの「SIP」をもっと知る

このSIPを無効にすることによって”Could not set boot device property: 0xe00002bc”を回避することができる。

回避方法


  • Mac起動時に Command+Rでリカバリーモードに入る
  • ユーティリティよりターミナルを起動
csrutil disable
  • Macを通常起動して ./refind-install を行う。 これで無事rEFIndをインストールすることができた。

SIPを有効にしておくためにはもう一度Command+Rでリカバリーモードには入り

csrutil enable

しておくことが望ましい。

この記事を読んで解決