font
powerline
manjaroLinux

ManjaroLinuxでpowerlineのパッチを当てたフォントを使う

Manjaro Linuxでpowerlineのパッチを当てる

プログラミング用フォントで有名なRictyをterminalで使用する際に、powerlineが適用されたものが見つからなかったため、パッチを当てるまでの手順

powerlineのインストール

今回は、pacmanからインストールする

terminal
sudo pacman -S powerline powerline-fonts

Rictyのインストール

AURにて配布されているので、そちらを用いる

terminal
yaourt -S tty-ricty

パッチスクリプトのダウンロード

powerlineのフォントパッチのスクリプトのダウンロード

terminal
git clone https://github.com/powerline/fontpatcher ~/fontpatcher

パッチを当てる

terminal
sudo fontforge -script ~/fontpatcher/scripts/powerline-fontpatcher /usr/share/fonts/TTF/Ricty-Regular.ttf

これで、ホームディレクトリ上にパッチの当たったフォントファイルが作成される。

適切な場所に移動させる

terminal
sudo mv 'Ricty\ Regular\ for\ Powerline.ttf' /usr/share/fonts/TTF/

これで、パッチの適用されたフォントを選択することができる。
shellのthemeを変えた際、viewが崩れる原因を解消できた