Help us understand the problem. What is going on with this article?

Xamarin.Android で Material Design を使用する方法 (Android 5.x のみ)

More than 5 years have passed since last update.

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

Android 5.x では Material Design の Theme が使用できます。Xamarin.Android でも問題なくこの Material Design を使用できますので、その方法を記載します。Android 4.4 以下は Holo.Light などの組み込みテーマが使用されます。

Android 2.x/4.x でも Material Design を使用したい場合は、Xamarin.Android で Material Design を v7 AppCompat で使用する方法 (Android 2.x/4.x も含む) - Qiita をご参照ください。

プロジェクトの構成

どのように構成しても問題ないと思いますが、より Android Studio の構成に近くなるように、Xamarin Studio でデフォルトで作成される Android アプリからメニューなどを追加しています。

追加・修正した点は メニュー項目の main_menu.xml, Material 用カラー設定項目の colors.xml, Padding などの設定項目の dimens.xml と Material Design 用の values, values-v21 以下の styles.xml です。

プロジェクトは
Material Design Sample として GitHub にアップしておきましたので宜しければご覧ください。

気になった点

AndroidManifest について

Android 5.x の status bar の色が黒いままの場合があります。それは、AndroidManifest.xml の SDK の targetSdkVersion が 21 になっていないためだと思われます。

このように GUI で設定できるのですが、下の方の「ソース」を開いてみると、

<uses-sdk android:minSdkVersion="15" />

と、設定されていないことがあるみたいです。その場合はソースに直接記載してしまいましょう。

<uses-sdk android:targetSdkVersion="21" android:minSdkVersion="15" />

こんな感じになります。

(何故か XAP が調子悪くてイメージがダウンロード出来ないので x86 エミュレーターで… 悔しいw)


4.4 エミュレーター


5.1 エミュレーター

AppCompat を使う方法はこの後アップしますが、結構大変なので、まずは 5.x の Material Design だけでも。という方はこちらの方法をお試しください。

Xamarin 気になった方は

是非 ダウンロード(直接) / ダウンロード(弊社経由) して触ってみてください。
学習用リソースJXUG リンクページ に参考資料を纏めてますので併せてどうぞ。

私のはてなブログも購読いただいたりすると嬉しいです。

以上です。

ytabuchi
エクセルソフトのセールスエンジニア。Xamarin コミュニティ JXUG 主宰。Microsoft MVP (Xamarin)。 このアカウントのツイートと所属組織の公式見解は関係ありません。
http://blog.ytabuchi.dev
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした