Help us understand the problem. What is going on with this article?

「Write failed: Broken pipe」によりsshが切断された時の対処法

More than 5 years have passed since last update.

現象

sshでリモートサーバにログインしているときに「Write failed: Broken pipe」と表示されて接続が切れてしまうことがあります。
sshはある程度の時間操作をせずにいるとタイムアウトにより自然に切断される仕組みになっているためであり、クライアント側orサーバ側でsshの設定を変更する必要があります。

対処法

クライアント側で対処

まず、クライアント側で対処するには/etc/ssh/ssh_configまたは~/.ssh/configに以下の内容を記述します。

$ vim ~/.ssh/config

ServerAliveInterval 15
ServerAliveCountMax 10

この設定で15秒ごとに10回応答確認をサーバに送り、
それでも応答がない場合にタイムアウトになります。

サーバ側で対処

次にサーバ側で対応する方法ですが、/etc/ssh/sshd_config

$ vim /etc/ssh/sshd_config

ClientAliveInterval 30
ClientAliveCountMax 5

と記述すると、30秒ごとにクライアントに5回応答確認をクライアントに送り、
それでも応答がなければタイムアウトになります。

余談

screenを使えば途中で接続が切れても再度リモートサーバにログイン、セッションをattachすれば済むのでオススメです。

ysk24ok
今後Qiitaに記事を更新することはありません。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした