Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi3で音声録音

More than 3 years have passed since last update.

環境情報

  • Raspberry Pi3 Model B
  • OS:Rasbian JESSIE
  • USBマイク:USB Mini Microphone fo PC or Mac Model MI-305

デバイス状態の確認

以下のコマンドで、USBデバイスの状態を確認

$ lsusb

結果は以下

Bus 001 Device 004: ID 0d8c:013c C-Media Electronics, Inc. CM108 Audio Controller
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp. 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

Bus 001 のデバイスが、マイク。

ハードウェアデバイスの認識状態を確認

$ arecord -l

結果は以下

**** ハードウェアデバイス CAPTURE のリスト ****
カード 1: Device [USB PnP Sound Device], デバイス 0: USB Audio [USB Audio]
  サブデバイス: 1/1
  サブデバイス #0: subdevice #0

上記で、カード1、デバイス0として認識していることがわかる。

マイクボリュームの調整

マイクボリュームは、alsa mixer で実施する。

amixer sset Mic 50 -c 1

上記は、Mic(マイク)に gain 50 を設定。 -c は、カードの指定、USBマイクは、arecordの結果カード1だったので、1を指定する。

※ここで指定している、50は、要調整。

音声録音の実施

録音は、arecordコマンドで実施。

arecord -D plughw:1,0 mic.wav

上記は、-D デバイス指定。カード1 , デバイス0 を指定。
ファイルは、mic.wav として保存。

実行すると、以下のように結果が出る。

録音中 WAVE 'mic.wav' : Unsigned 8 bit, レート 8000 Hz, モノラル
^Cシグナル 割り込み で中断...

止めるのは、Ctrl+Cで。
aplay mic.wavで実施すると、ガーガーピーピーで雑音?がする。
理由は、arecord で録音した時の、レートが、8000 Hzになっていることが
原因。 -f cd で今利用しているpHATのスピーカーのレート4410 Hzで録音できる。

arecord -D plughw:1,0 -f cd  mic.wav

実行結果は以下

録音中 WAVE 'mic.wav' : Signed 16 bit Little Endian, レート 44100 Hz, ステレオ

再生結果は以下

$ aplay ./mic.wav 
Using device: speaker-phat
再生中 WAVE './mic.wav' : Signed 16 bit Little Endian, レート 44100 Hz, ステレオ
^Cシグナル 割り込み で中断...
yozawa
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした