Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
10
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 5 years have passed since last update.

@yousan

CentOS7でnginxのコンフィグテスト、サービス再起動、エラーログ表示をワンライナーで

CentOS7から起動スクリプトが変更になったようで戸惑いました。

Fedora15 から一部のサービス、CentOS7 より systemd services で管理される様になりました。 この事により今まで久し馴染んできたコマンド(service xxx start や chkconfig xxx on)では実行や停止、自動起動の設定などができないサービスがあります。(例えば dhcpd サービスなど)
これらのスクリプトは /lib/systemd/system 配下に存在し、systemd services のコマンド systemctl で制御する様になっています。
http://kajuhome.com/service_list.shtml

systemctlというコマンドを使うようになったようです。
サービス系のconfのエラーなどもsystemctlを利用するようですね。

良く忘れるのでメモです。

nginxの場合だと以下のようにするとconfエラーを表示できます。

$ sudo systemctl restart nginx.service || sudo systemctl status nginx.service -l 

nginx -t をすると尚良しかと。

$ sudo sh -c 'nginx -t && systemctl restart nginx.service || systemctl status nginx.service -l'
  1. root権限
  2. コンフィグテスト
  3. 2が通ればサービス再起動(コンフィグの読み直し)
  4. 3で失敗した場合にエラーログの表示

となります。

10
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
10
Help us understand the problem. What is going on with this article?