Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOSでrbenvをシステムにインストールする

More than 5 years have passed since last update.

rbenvのよくあるインストール手順はユーザのホームディレクトリに入れるパターンが多いですが、複数ユーザで共有したかったのでシステムにインストールしてみることにしました。ここでは /usr/local/rbenv にインストールするものとして説明します。別の場所にインストールする場合は適宜よみかえてください。以下その手順です。

まずビルドに必要なパッケージを導入します。

# yum install -y git gcc gcc-c++ openssl-devel readline-devel

次にソースをとってきます。下記の例では /usr/local にインストールすることにします。

# cd /usr/local
# git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git rbenv
# git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git rbenv/plugins/ruby-build

ぼくの環境のCentOS 6.5では、全ユーザの .bashrc の中で /etc/profile.d/ 配下がロードされるようになっていました。なので、PATHの設定を全ユーザに反映させるため、 /etc/profile.d/rbenv.sh とかを作成し下記のように書きます。 --no-rehash をつけないとログインのたび rehash するので遅くなるようです。

/etc/profile.d/rbenv.sh
export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"
export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"
eval "$(rbenv init --no-rehash -)"

上記をロードします。

# source /etc/profile.d/rbenv.sh

Rubyは下記のようにrootでインストールします。gemは、システムにはbundlerだけ入れておいてあとはpathを指定して管理するのがよいでしょう。

# rbenv install 2.1.0
# gem install bundler --no-ri --no-rdoc

参考文献

m3dev
インターネット、最新IT技術を活用し日本・世界の医療を改善することを目指します
https://m3.recruitment.jp/engineer/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away