CentOSでrbenvをシステムにインストールする

More than 1 year has passed since last update.

rbenvのよくあるインストール手順はユーザのホームディレクトリに入れるパターンが多いですが、複数ユーザで共有したかったのでシステムにインストールしてみることにしました。ここでは /usr/local/rbenv にインストールするものとして説明します。別の場所にインストールする場合は適宜よみかえてください。以下その手順です。

まずビルドに必要なパッケージを導入します。

# yum install -y git gcc gcc-c++ openssl-devel readline-devel

次にソースをとってきます。下記の例では /usr/local にインストールすることにします。

# cd /usr/local
# git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git rbenv
# git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git rbenv/plugins/ruby-build

ぼくの環境のCentOS 6.5では、全ユーザの .bashrc の中で /etc/profile.d/ 配下がロードされるようになっていました。なので、PATHの設定を全ユーザに反映させるため、 /etc/profile.d/rbenv.sh とかを作成し下記のように書きます。 --no-rehash をつけないとログインのたび rehash するので遅くなるようです。

/etc/profile.d/rbenv.sh
export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"
export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"
eval "$(rbenv init --no-rehash -)"

上記をロードします。

# source /etc/profile.d/rbenv.sh

Rubyは下記のようにrootでインストールします。gemは、システムにはbundlerだけ入れておいてあとはpathを指定して管理するのがよいでしょう。

# rbenv install 2.1.0
# gem install bundler --no-ri --no-rdoc

参考文献