GoogleAppsScript
GSuite

Google Hangouts Chat のBot作ってみた

Google Hangouts Chatが公開されたので、GASを使ってBotを作ってみた。

Botを自分用に限定公開する

まずはGASでスクリプトを作成

公式のガイドでサンプルスクリプトを用意してくれているので、自分用のスクリプトとしてGoogleDrive上に保存する。

Hangouts Chat Bot template
https://script.google.com/create?template=hangoutsChat

このサンプルスクリプトは、ダイレクトメッセージを送る、もしくはグループ内でメンションを付けたときに、メッセージ内容をユーザ名と一緒にオウム返しする機能が実装されている。

ソースコードはいったんそのままで、プロジェクト名を適当に「MyBot」とでもして保存。

キャプチャ2.JPG

早速デプロイ

デプロイIDを取得

ナビゲーションの「公開」>「マニフェストから配置」を選択。
「GetID」からデプロイIDを取得し、メモ帳にでもキープしておく。

APIの有効化

次に、ナビゲーションの「リソース」>「Google Platform プロジェクト」を選択。
「このスクリプトが現在関連付けられているプロジェクト:」
の直下のリンクをクリックして、Google Cloud Platformの管理画面に移動する。

左上のスライドメニューから「API」>「ダッシュボード」を選択し、ここから先ほど作ったMyBotプロジェクトをHangouts ChatのAPIから利用できるようにする。

+APIとサービスの有効化 でHangouts Chat APIを選択し、有効化する。

Botの各種項目設定

ナビゲーションの「設定」から、各項目を入力する。
全て必須項目なので、アバターとか用意できてなければ適当にaaaとか入力しておくとデフォルトアイコンになる。

  • ボット名 -> ボットを検索したり、@をつけてメンションするときの名前。
  • アバターの URL -> Botのアイコン。正方形で縦128px横128px以上。
  • 説明 -> Botの簡単な説明。検索したときに表示される。
  • 機能 -> Botの用途を選択する。
  • 接続設定 -> 今回はApps Script projectを選択し、メモ帳に逃がしたデプロイIDを入力。
  • 権限 -> いったん自分だけにする。

キャプチャ3.JPG
キャプチャ4.JPG

Botにメッセージを送ってみる

以上で自分だけのBotが完成。簡単ですね。
早速今付けたBotの名前で検索して、ダイレクトメッセージを送ってみる。
キャプチャ.JPG

ちゃんとオウム返ししてくれるBotが完成しました!

最初に作ったGASを編集して保存すると、自動でデプロイされるので気軽に実装していきましょう。

続き:実装について調べた

Google Hangouts ChatのBotの実装
https://qiita.com/yotsua/items/d49c44db4005848d6b81

参考

https://developers.google.com/hangouts/chat/quickstart/apps-script-bot