Help us understand the problem. What is going on with this article?

LINE BOTの作り方を世界一わかりやすく解説(1)【アカウント準備編】

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Messaging API (通称 LINE BOT) は Line が提供するサービスです。
こちらの Messaging API を使用して、ユーザーと自動的にやりとりができるLINE BOTを作成することがゴールです。

PushとReplyのAPIによる連携機能が提供されており、Pushの方は有料で使用できるようになっています。

料金体系は色々あるのですが、まず Developer Trial を使用されることをお勧めします。

スクリーンショット 2016-11-08 19.51.56.png

Developer Trial であれば友達の数が50人と限定されてしまいますが、Push と Reply を無料で試すことが出来ます。

LINE BOT作成に必要なもの

  • LINEの個人アカウント
  • サーバー
  • SSL証明書

LINE Business アカウントの作成

LINEの個人アカウントはもともと持っていると想定して始めます。
LINE BUSINESS CENTER にアクセスし、「Developer Trial」を始めるでアカウントを作っていきましょう。

スクリーンショット 2016-11-08 19.59.40.png

LINEの個人アカウントの認証のあと、アカウント作成用のメールアドレスを聞かれるので、登録したいメールアドレスを入力して登録します。

スクリーンショット 2016-11-08 19.58.16.png

登録用のメールアドレスに、LINE BUSINESS CENTERから認証用のメールがすぐに届くため、登録用のURLに遷移します。

4bbe70b5-5e51-5667-7321-73e25ceb9f6a.png

登録用URLでは、プロフィール情報が必要となるため、入力していきます。
この時点ではクレジットカードなどの登録は必要無く、名前や電話番号、住所といった情報のみで大丈夫です。

スクリーンショット 2016-11-08 20.08.35.png

登録が完了すると、アカウントリストへ遷移できます。

スクリーンショット 2016-11-08 20.10.12.png

これで LINE BUSINESS アカウントの準備は完了です。

Messaging API Developer Trial に登録

アカウントリストの「Messaging API」のリンクに遷移し、再度「Developer Trial を始める」に遷移します。

スクリーンショット 2016-11-08 19.59.40.png

登録後にログイン状態を維持していれば、以下の画面に遷移します。

スクリーンショット 2016-11-08 20.14.03.png

必要な情報を入力して、Messaging API の申込みを行います。

スクリーンショット 2016-11-08 20.16.00.png

これで Messaging API を使用する準備が整いました。

LINE@ MANAGER の設定

Messaging API の申込みが完了すると、LINE@ MANAGER へアクセスできます。

スクリーンショット 2016-11-08 20.17.09.png

「APIを利用する」ボタンで利用を開始しましょう。

スクリーンショット 2016-11-08 20.19.18.png

利用を開始すると、ステータスが利用中に切り替わました。

つぎに、「LINE Developersで設定する」のリンクにアクセスします。

スクリーンショット 2016-11-08 20.23.21.png

アクセス後、利用規約が表示されるので、良ければ同意します。

スクリーンショット 2016-11-08 20.23.49.png

この画像の下に Webhook URL と Channel Acess Token があるため、次回はこの部分を設定していきます。

次回の解説記事

LINE BOTの作り方を世界一わかりやすく解説(2)【PythonのDjangoでローカル環境にBotアプリ準備編】

おまけ

フォローお待ちしています!
Qiita: Carat 吉崎
twitter:@carat_yoshizaki
ブログ:キカガク代表のブログ
ホームページ:株式会社キカガク

機械学習をマンツーマンで学べる家庭教師サービス「キカガク
「数学→プログラミング→Webアプリケーション」まで一気に学べる「キカガク」に興味のある方はお気軽にご連絡ください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした