LoginSignup
4
4

OpenAI API + LangChain + DataStax AstraDB + LangSmith + Streamlit サンプルアプリケーション紹介

Posted at

この記事について

DataStax社が公開している生成AI活用アプリケーションを紹介します。

サンプルアプリUI

OpenAI API利用

image.png

OpenAIのAPIを使って、ユーザーの問い合わせに答えることができます。

image.png

RAG (Retrieval Augumented Generation)

それだけでは、あまり意味がありませんが、このアプリは、自分の持っているファイルの情報をOpenAIに使わせて、問い合わせを行うことができます。

いわゆるRAG (Retrieval Augumented Generation)の実装です。

image.png

このPDFファイルをアプリに登録しています。

image.png

ファイルの参考文献の情報について問い合わせてみます。

image.png

このように、適切な回答を得ることができました。

image.png

Astra DB コントロールプレーン

先ほど登録されたファイルは、アプリによってベクトル化された上で、DataStax AstraDBに登録されています。

これがAstraDBの管理画面(コントロールプレーン)です。

「Data Explorer」画面で登録されたデータを確認することができます。

image.png

ある列の「Search」ボタンを押すことで、その列のデータに類似したデータ順に並べる変えることでき、上位N件のみ表示することもできます。

image.png

LangSmith

また、このアプリケーションは、LangChainを使って開発されています。

そして、LangChainを使ったアプリケーションのライフサイクル管理プラットフォームLangSmithとも連携しています。

以下がLangSmith上のこのアプリケーションのためのプロジェクトの画面です。

image.png

アプリケーション実行に関する各種トレース情報を見ることができます。

image.png

以下のように、OpenAIへのAPIコールの内容を確認することもできます。

image.png

アプリケーション利用状況のモニタリングもできます。

image.png

ソースコード

この記事で紹介したアプリケーションのソースコードは以下で公開されています。

4
4
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
4
4