Edited at

Macに anyenv で Python3.x をインストール


流れ


  1. anyenv をインストール

  2. pyenv をインストール

  3. Python をインストール


1. anyenv をインストール


  1. guthubからクローンして

  2. .bash_profile にパスを通す

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv

$ echo '# anyenv' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ exec $SHELL -l


2. pyenv をインストール

$ anyenv install -l     # pyenvやrbenvなど、入れられるものが一覧で出る

$ anyenv install pyenv # 入れたいものをインストール
$ exec $SHELL -l # シェルの再起動


3. Python をインストール

$ pyenv install -l     # いろんなバージョンがいっぱい出る

$ pyenv install 3.6.6 # 入れたいものをインストール
$ pyenv versions # 入ったか確認

インストールしたいPythonがない場合、pyenvをアップデート

anyenv-updateというanyenvのプラグインでanyenvが管理している*envたちを一括でアップデートする

$ mkdir -p $(anyenv root)/plugins

$ git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-update
$ anyenv update
$ pyenv install -l # インストールできるバージョンが増えてるか確認


Pythonをインストールできない場合

$ brew install openssl readline sqlite3 xz zlib



作業ディレクトリで、使用するPythonのバージョンを設定する

$ pyenv local 3.6.6    # 作業ディレクトリで実行すると、その中で指定したバージョンを使える

カレントフォルダに.python-versionが生成される(隠しファイル)

ディレクトリごとじゃなく全体でバージョン設定する場合

$ pyenv global 3.6.6