Edited at

venvで環境構築

venvは、同じ(python)バージョンで違う環境を作成するためのもの


事前準備

venvはvirtualenvがPython 3.3から標準機能として取り込まれたものなので、Python 3.3以上をインストール


仮想環境構築

$ python -m venv env

envフォルダができてその中にいろいろインストールされる


envは仮想環境名(任意に設定できる)

※パスにスペースが入ってるとエラーになることがありました。


仮想環境に入る

$ source env/bin/activate

(env)$

この状態でTensorflowのインストールなどを行う。


envフォルダの中(仮想環境)にインストールされるのでOS環境が汚れない。

例:Tensorflowのインストール

(env)$ pip install tensorflow


仮想環境から出る

(env)$ deactivate


仮想環境の削除

envフォルダを削除すればいい