Posted at

[Joke-RFC] RFC2549 サービス品質(QoS)を備えたIP over 鳥類キャリア

More than 1 year has passed since last update.


はじめに


  • この文書は RFC2549 を勉強と好奇心のため適当に訳したものです。

  • 翻訳の正確さは全く保証しません。

  • 誤字誤訳等の指摘はいつでも大歓迎です。


IP over Avian Carriers with Quality of Service(サービス品質(QoS)を備えたIP over 鳥類キャリア)


  • Network Working Group

  • Request for Comments: 2549

  • Updates: 1149

  • Category: Experimental

  • D. Waitzman

  • IronBridge Networks

  • 1 April 1999


Status of this Memo(このメモの位置付け)


This memo defines an Experimental Protocol for the Internet community. It does not specify an Internet standard of any kind. Discussion and suggestions for improvement are requested. Distribution of this memo is unlimited.


このメモでは、インターネットコミュニティのための実験的な方法について述べる。これは、いかなるインターネット標準も定めない。改善のための議論と提案が求められる。このメモの配布に制限は設けない。


Copyright Notice


Copyright (C) The Internet Society (1999). All Rights Reserved.



Abstract(要約)


This memo amends RFC 1149, "A Standard for the Transmission of IP Datagrams on Avian Carriers", with Quality of Service information. This is an experimental, not recommended standard.


当メモは、RFC1149 「鳥類キャリアによるIPデータグラムの伝送規格」を修正し、QoS についての情報を加える。これは実験的なものであり、推奨標準ではない。


Overview and Rational(概要と理論)


The following quality of service levels are available: Concorde, First, Business, and Coach. Concorde class offers expedited data delivery. One major benefit to using Avian Carriers is that this is the only networking technology that earns frequent flyer miles, plus the Concorde and First classes of service earn 50% bonus miles per packet. Ostriches are an alternate carrier that have much greater bulk transfer capability but provide slower delivery, and require the use of bridges between domains.


以下に挙げる QoS レベルが利用可能である:コンコルド、ファースト、ビジネス、コーチ。

コンコルドクラスは、迅速なデータ配信を提供する。鳥類キャリアを利用するメリットの1つは、これが航空マイルを獲得する唯一のネットワーキングテクノロジーであり、コンコルドとファーストクラスのサービスがパケットあたり50%のボーナスマイルを獲得できることである。他にバルク転送が可能なキャリアとしてダチョウがあるが配信は遅く、ドメイン(領域)間にはブリッジ(橋)が必要となる。


The service level is indicated on a per-carrier basis by bar-code markings on the wing. One implementation strategy is for a bar-code reader to scan each carrier as it enters the router and then enqueue it in the proper queue, gated to prevent exit until the proper time. The carriers may sleep while enqueued.


サービスレベルは、翼のバーコード(翼の模様?)によって、キャリアごとに示される。

1つの実装方法としては、ルータに入るときに各キャリアのバーコードをスキャンし適切なキューに配置することであり、EXIT(終了/脱出)を防止するためにゲート(柵)しておくことである。キャリアは、待機中にスリープすることができる。


For secure networks, carriers may have classes Prime or Choice. Prime carriers are self-keying when using public key encryption. Some distributors have been known to falsely classify Choice carriers as Prime.


セキュアなネットワークで使用する際、キャリアを Prime または Choice の分類することができる。Prime キャリアは、公開鍵暗号法を使用する場合、自分で鍵を掛けることができる。配送業者の中には、ChoiceのキャリアをPrimeとして偽って分類するものある。


Packets MAY be marked for deletion using RED paint while enqueued.


エンキュー中にRED(ランダム初期検知 or 赤色)を使用してパケットに削除マークを付けることができる(MAY)。


Weighted fair queueing (WFQ) MAY be implemented using scales, as shown:


重み付け(重量)によるキューイング (WFQ) を行ってもよく (MAY)、以下のようなスケール(秤)によって行う:


                                                  __

_____/-----\ / o\
<____ _____\_/ >--
+-----+ \ / /______/
| 10g | /|:||/
+-----+ /____/|
| 10g | |
+-----+ .. X
===============================
^
|
=========

Carriers in the queue too long may leave log entries, as shown on the scale.


キャリアがキュー内に長時間滞留すると、上記のスケールに示すように、ログを残すことがある。


The following is a plot of traffic shaping, from coop-erative host sites.


以下に示すのは、共用ホストサイトからのトラフィックシェーピングのプロットである。


        Alt |       Plot of Traffic Shaping showing carriers in flight

|
2k | ....................
| . .
| . .
1k | . .
| +---+ +---+
| | A | | B |
| +---+ +---+
|_____________________________________________

Avian carriers normally bypass bridges and tunnels but will seek out worm hole tunnels. When carrying web traffic, the carriers may digest the spiders, leaving behind a more compact representation. The carriers may be confused by mirrors.


鳥類キャリアは通常、ブリッジ(橋)やトンネルは回避するが、ワームホール(虫食い穴)を探すことがある。

WEB(蜘蛛の巣)の配送の際には、スパイダー(リンクを張っている利用者/蜘蛛)を小さく要約し、コンパクトな要約を残すことがある。

キャリアは、ミラー(ミラーリング/鏡)によって混乱することがある。


Round-robin queueing is not recommended. Robins make for well-tuned networks but do not support the necessary auto-homing feature.


ラウンドロビン方式のキューイングは非推奨である。

ロビン(コマドリ)はよく調整されたネットワークを構築するが、

必要不可欠な自動ホーミング機能(帰巣能力)をサポートしていない。


A BOF was held at the last IETF but only Avian Carriers were allowed entry, so we don't know the results other than we're sure they think MPLS is great. Our attempts at attaching labels to the carriers have been met with resistance.


前回のIETFでBOF(Birds of a feather; 非公式の討論会)が開催されたが、鳥類キャリアだけがエントリーを許可されたためMPLS(Multi-Protocol Label Switching あるいはミネアポリス)が素晴らしいと確信している以外の結果は不明である。キャリアにラベルを貼り付けようとする我々の計画は、反対(抵抗)されている。


NATs are not recommended either -- as with many protocols, modifying the brain-embedded IP addresses is difficult, plus Avian Carriers MAY eat the NATs.


NATの利用は推奨しない - 多くのプロトコルのように、埋め込まれたIPアドレスを変更することは難しく、鳥類キャリアはNATs(nuts; 木の実)を食べるかもしれない。


Encapsulation may be done with saran wrappers. Unintentional encapsulation in hawks has been known to occur, with decapsulation being messy and the packets mangled.


カプセル化は、Saranでラップすることができる。hawks(鷹)による意図しないカプセル化が発生することが知られているがその場合は、カプセル化の解除が難しくパケットが絡み合ってしまうことがある。


Loose source routes are a viable evolutionary alternative enhanced standards-based MSWindows-compliant technology, but strict source routes MUST NOT be used, as they are a choke-point.


厳密でないソースルーティングは、標準的なMSWindows準拠のテクノロジの代替として実現可能だが、厳密なソースルーティングは、チョークポイントであるため、使用してはならない。


The ITU has offered the IETF formal alignment with its corresponding technology, Penguins, but that won't fly.


ITUは、Penguins(ペンギン)の正式採用をIETFに提案したが、それは上手くいかない(飛ばない)だろう。


Multicasting is supported, but requires the implementation of a clone device. Carriers may be lost if they are based on a tree as it is being pruned. The carriers propagate via an inheritance tree. The carriers have an average TTL of 15 years, so their use in expanding ring searches is limited.


マルチキャストはサポートされているが、クローンデバイスの実装が必要になる。

キャリアが木にとまっているときに、枝を切り落とされると、キャリアが失われることがある。

(訳注:おそらく、マルチキャストのディストリビューションツリーの話とかけているのだと思う)

キャリアは継承ツリーを介して伝播する。

キャリアの平均TTLは15年であるため、拡張リング探索にはその使用が限られる。


Additional quality of service discussion can be found in a Michelin's guide.


さらなるサービス品質の議論は、ミシュランガイドで見つけられるだろう。


MIB and Management issues(MIBと管理の問題)


   AvCarrier2 OBJECT-TYPE

SYNTAX SEQUENCE OF DNA
MAX-ACCESS can't-read
STATUS living
DESCRIPTION "Definition of an avian carrier"
::= { life eukaryotes mitochondrial_eukaryotes crown_eukaryotes
metazoa chordata craniata vertebrata gnathostomata
sarcopterygii terrestrial_vertebrates amniota diapsida
archosauromorpha archosauria dinosauria aves neornithes
columbiformes columbidae columba livia }

   AvCarrier2 OBJECT-TYPE

SYNTAX DNA配列
MAX-ACCESS 読み取り不能
STATUS 生きている
DESCRIPTION "鳥類キャリアの定義"
::= { 生命体 真核生物 ミトコンドリア真核生物 クラウン真核生物
後生動物 脊索動物門 有頭動物 脊椎動物亜門 顎口上綱
肉鰭綱 陸生脊椎動物 有羊膜類 双弓亜綱
主竜形下綱 主竜類 恐竜類 鳥綱 新鳥類
ハト目 ハト科 カワラバト属 カワラバト}


   AvCarrier OBJECT-TYPE

SYNTAX SET OF Cells
MAX-ACCESS not-accessible
STATUS obsolete
DESCRIPTION "Definition of an avian carrier"
::= { life animalia chordata vertebrata aves
columbiformes columbidae columba livia }

   AvCarrier OBJECT-TYPE

SYNTAX 細胞の集合体
MAX-ACCESS アクセス不能
STATUS 廃止
DESCRIPTION "鳥類キャリアの定義"
::= { 生命体 動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門 鳥綱
ハト目 ハト科 カワラバト属 カワラバト }


   PulseRate OBJECT-TYPE

SYNTAX Gauge(0..300)
MAX-ACCESS read-only
STATUS current
DESCRIPTION "Pulse rate of carrier, as measured in neck.
Frequent sampling is disruptive to operations."
::= { AvCarrier 1}

   PulseRate OBJECT-TYPE

SYNTAX ゲージ(0..300)
MAX-ACCESS 読み取り専用
STATUS 現行
DESCRIPTION "ネック部で測定したキャリアのパルスレート.
継続的なサンプリングは検体の破壊につながる"
::= { AvCarrier 1}


The carriers will not line up in lexigraphic order but will naturally order in a large V shape. Bulk retrieval is possible using the Powerful Get-Net operator.


キャリアは辞書順に整列しないが、自然な順序として大きなV字型に整列する。

強力なGet-Net演算子(鳥網の達人)を使用すると、バルク復旧が可能である。


Specification of Requirements(要求的語句の定義)


In this document, several words are used to signify the requirements of the specification. These words are often capitalized.


この文書では、仕様の要件を示すためにいくつかの単語が使用されている。

たいて、これらの言葉は大文字になっている。


   MUST      Usually.

MUST NOT Usually not.
SHOULD Only when Marketing insists.
MAY Only if it doesn't cost extra.

   MUST      普通は

MUST NOT 普通はない
SHOULD マーケティング部門が主張する場合のみ
MAY 余計な費用がかからない場合のみ


Security Considerations(セキュリティに関する考察)


There are privacy issues with stool pigeons.


密告者はプライバシー上の問題がある


Agoraphobic carriers are very insecure in operation.


広場を怖がるキャリアは、動作が不安定である。


Patent Considerations(特許に関する考察)


There is ongoing litigation about which is the prior art: carrier or egg.


どちらが先行技術であるかについて進行中の訴訟がある: キャリアか卵か


References


Waitzman, D., "A Standard for the Transmission of IP Datagrams on Avian Carriers", RFC 1149, 1 April 1990.



ACKnowledgments


Jim.Carlson.Ibnets.com > Jon.Saperia . ack 32 win 123 (DF) Ross Callon, Scott Bradner, Charlie Lynn ...



Author's Address

David Waitzman

IronBridge Networks

55 Hayden Ave

Lexington, MA 02421

Phone: (781) 372-8161

EMail: djw@vineyard.net


Full Copyright Statement

Copyright (C) The Internet Society (1999). All Rights Reserved.

This document and translations of it may be copied and furnished to

others, and derivative works that comment on or otherwise explain it

or assist in its implementation may be prepared, copied, published

and distributed, in whole or in part, without restriction of any

kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are

included on all such copies and derivative works. However, this

document itself may not be modified in any way, such as by removing

the copyright notice or references to the Internet Society or other

Internet organizations, except as needed for the purpose of

developing Internet standards in which case the procedures for

copyrights defined in the Internet Standards process must be

followed, or as required to translate it into languages other than

English.

The limited permissions granted above are perpetual and will not be

revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

This document and the information contained herein is provided on an

"AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING

TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING

BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION

HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF

MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.