Help us understand the problem. What is going on with this article?

rbenvでRuby2.1.0アップデート

More than 5 years have passed since last update.

ruby2.1.0がリリースされています

https://www.ruby-lang.org/ja/news/2013/12/25/ruby-2-1-0-is-released/

Ruby 2.1.0 をリリースしました。
Ruby 2.1 では深刻な非互換もなく、速度の向上を含めた多くの改善が行われています。
どうぞご利用ください。

簡単に導入できて、改善の恩恵を受けることが出来そうです。
さっそく、アップデートしましょう。

ただ、gemとか入れなおしになるので、時間があるときにやりましょう。

とりあえずbrewを最新に

ターミナル

brew update
brew upgrade

※本当はrbenvのアップデートだけでよいでしょう。

インストールできるRubyのバージョンを確認します

ターミナル

rbenv install --list

出力結果

Available versions:
〜〜〜
2.1.0
2.1.0-dev
2.1.0-preview1
2.1.0-preview2
2.1.0-rc1
2.2.0-dev
〜〜〜

2.1.0があるので、これをインストールすることにします。

インストール

ターミナル

RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=`brew --prefix readline` --with-openssl-dir=`brew --prefix openssl`" rbenv install 2.1.0

時間がかかるので、なにか別の用事をするとよいでしょう。

rbenv globalを2.1.0に設定する

ターミナル

rbenv versions

出力結果

  system
* 2.0.0-p247 (set by /Users/yoneapp/.rbenv/version)
  2.1.0

ターミナル

rbenv global 2.1.0

ターミナル

rbenv versions

出力結果

  system
  2.0.0-p247
* 2.1.0 (set by /Users/yoneapp/.rbenv/version)

以上。

yoneapp
徳島出身・東京在住の起業経験ありのソフトウエアエンジニアです。iOS & Firebase & React.jsがマイブームです。フリーランスプログラマとしてお仕事しつつMENTAでプログラミングのメンター(先生)をしています。
https://menta.work/invite/qbrcVjX00LlAjg0k
engineerlife
技術力をベースに人生を謳歌する人たちのコミュニティです。
https://community.camp-fire.jp/projects/view/280040
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした