Edited at

【THETAプラグイン開発】THETAでRICOH THETA Plug-in SDKを動かす方法


【THETAプラグイン開発】THETAでRICOH THETA Plug-in SDKを動かす方法


はじめに

どうも、リコーのKAZ (@yokazuya) と申します。

この記事では、RICOH THETA Plug-in SDK(以下、SDK)をベースに作成したプラグインをTHETAで動かす手順について説明します。

Windowsを使った説明になっていますが、Macでもやることは同じです。

プラグインを動かすには、RICOH THETA Vを開発者モードに設定しておく必要があるので忘れずに行いましょう。

やり方はこちらの手順を参考にしてください。


開発環境

今回は、以下の構成でプラグインを作成して、動作を確認しました。


  • カメラ


    • RICOH THETA V (Firmware ver.2.41.1)



  • OS


    • Windows 10 Pro 64bit (Version 1703)



  • ソフトウェア


    • Android Studio 3.1.3

    • RICOH THETA 基本アプリ Version 3.7.2




目次

THETAでプラグインを動かすための流れは以下になります。

1. SDKをダウンロードする

2. Android StudioにSDKのプロジェクトをインポートする

3. ビルドツールを更新する

4. Android Studio経由でプラグインを動かす


SDKをダウンロードする

まずはプラグインのベースとなるSDKを以下からダウンロードします。

theta-plugin-sdk


Android StudioにSDKのプロジェクトをインポートする

Android Studioを起動し、[ファイル]→[新規]→[プロジェクトのインポート]からダウンロードしたSDKのプロジェクトを選択してインポートします。

project-import.png

プロジェクト情報のビルドが開始されます。

終わるまで数分かかりますので気長に待ちましょう。

sdk-build.png

途中、OpenJDKプラットフォームへのアクセス許可を求められた場合は許可します。


ビルドツールを更新する

ビルドツールが不足している場合、必要なツールをインストールしてプロジェクトを再同期する必要があります。

ビルドエラーが出ていなければ読み飛ばしてください。

Android Studio 3.1.3をインストールした直後にSDKのプロジェクトをインポートすると、下記2つのビルドエラーが起きました。


  • Android SDK Platform 26が不足しているエラー

    project-refresh-failed-26.png


  • Android SDK Build-Tools 27.0.3が不足しているエラー

    project-refresh-failed-27.png


エラーメッセージ内のリンクをクリックして、ビルドツールをインストール出来ます。

ビルドツールのインストールが終わると、プロジェクトが再同期されるので終わるまで待ちましょう。

なお、途中でGradleの更新ダイアログが表示される場合がありますが、更新必須ではありません。

gradle-update.png

これでSDKのプロジェクトのビルド環境が整いました。


Android Studio経由でプラグインを動かす

SDKのプロジェクトには、既にプラグインとして最低限必要な実装が含まれています。

そのため、SDKの中身を変更せずにプラグインとして動かすことが可能です。

以下の手順でSDKをプラグインとして動かすことが出来ます。


  1. THETA Vの電源をオン(長押し)


  2. THETA VとPCをUSBケーブルで接続


  3. Android Studioの[実行]→[実行]もしくは[デバッグ]を選択

    debug-execute.png


  4. デプロイ対象の選択画面で接続しているTHETA Vを選択してOKボタンを押下

    deploy-select.png


ビルドが終わるとAPKがインストールされ、プラグインが動いている状態になります。

プラグインが動いているか分かりづらいのですが、Vysorを使うことで確認することが出来ます。

現時点(2018/07/06)のSDKでは、"Hello World!"の文字がVysorに表示されます。

Vysorについて詳しく知らない方はこちらの記事をご覧ください。

vysor-plugin.png


(補足)インストールしたプラグインの確認

THETA V にインストールしたプラグインは、基本アプリで確認することが出来ます。

確認方法は以下の通りです。


  1. THETA VとPCをUSBケーブルで接続


  2. 基本アプリを開く


  3. [ファイル]→[プラグイン管理]を選択

    plugin-management.png


THETAにインストールされているプラグインの一覧が表示されます。

plugin-list.png

選択されているプラグインが起動プラグインとなります。

起動プラグインを変更したい場合、別のプラグインを選択して完了ボタンを押下します。

なお、スマートフォンの基本アプリでもプラグインの切り替えが出来ます。


まとめ

SDKをカスタマイズすることでオリジナルのTHETAプラグインを簡単に作成することができます。

THETAプラグインをご存じない方はこちらをご覧ください。

興味を持たれた方はTwitterのフォローと

THETAプラグイン開発コミュニティ(Slack)への参加もよろしくおねがいします。