Help us understand the problem. What is going on with this article?

【THETAプラグイン開発】THETAでRICOH THETA Plug-in SDKを動かす方法

【THETAプラグイン開発】THETAでRICOH THETA Plug-in SDKを動かす方法

はじめに

どうも、リコーのKAZ (@yokazuya) と申します。

この記事では、RICOH THETA Plug-in SDK(以下、SDK)をベースに作成したプラグインをTHETAで動かす手順について説明します。

Windowsを使った説明になっていますが、Macでもやることは同じです。

プラグインを動かすには、RICOH THETA Vを開発者モードに設定しておく必要があるので忘れずに行いましょう。
やり方はこちらの手順を参考にしてください。

開発環境

今回は、以下の構成でプラグインを作成して、動作を確認しました。

  • カメラ
    • RICOH THETA V (Firmware ver.2.41.1)
  • OS
    • Windows 10 Pro 64bit (Version 1703)
  • ソフトウェア
    • Android Studio 3.1.3
    • RICOH THETA 基本アプリ Version 3.7.2

目次

THETAでプラグインを動かすための流れは以下になります。
1. SDKをダウンロードする
2. Android StudioにSDKのプロジェクトをインポートする
3. ビルドツールを更新する
4. Android Studio経由でプラグインを動かす

SDKをダウンロードする

まずはプラグインのベースとなるSDKを以下からダウンロードします。

theta-plugin-sdk

Android StudioにSDKのプロジェクトをインポートする

Android Studioを起動し、[ファイル]→[新規]→[プロジェクトのインポート]からダウンロードしたSDKのプロジェクトを選択してインポートします。
project-import.png

プロジェクト情報のビルドが開始されます。

終わるまで数分かかりますので気長に待ちましょう。

sdk-build.png

途中、OpenJDKプラットフォームへのアクセス許可を求められた場合は許可します。

ビルドツールを更新する

ビルドツールが不足している場合、必要なツールをインストールしてプロジェクトを再同期する必要があります。

ビルドエラーが出ていなければ読み飛ばしてください。

Android Studio 3.1.3をインストールした直後にSDKのプロジェクトをインポートすると、下記2つのビルドエラーが起きました。

  • Android SDK Platform 26が不足しているエラー
    project-refresh-failed-26.png

  • Android SDK Build-Tools 27.0.3が不足しているエラー
    project-refresh-failed-27.png

エラーメッセージ内のリンクをクリックして、ビルドツールをインストール出来ます。

ビルドツールのインストールが終わると、プロジェクトが再同期されるので終わるまで待ちましょう。

なお、途中でGradleの更新ダイアログが表示される場合がありますが、更新必須ではありません。

gradle-update.png

これでSDKのプロジェクトのビルド環境が整いました。

Android Studio経由でプラグインを動かす

SDKのプロジェクトには、既にプラグインとして最低限必要な実装が含まれています。
そのため、SDKの中身を変更せずにプラグインとして動かすことが可能です。

以下の手順でSDKをプラグインとして動かすことが出来ます。

  1. THETA Vの電源をオン(長押し)

  2. THETA VとPCをUSBケーブルで接続

  3. Android Studioの[実行]→[実行]もしくは[デバッグ]を選択
    debug-execute.png

  4. デプロイ対象の選択画面で接続しているTHETA Vを選択してOKボタンを押下
    deploy-select.png

ビルドが終わるとAPKがインストールされ、プラグインが動いている状態になります。

プラグインが動いているか分かりづらいのですが、Vysorを使うことで確認することが出来ます。
現時点(2018/07/06)のSDKでは、"Hello World!"の文字がVysorに表示されます。

Vysorについて詳しく知らない方はこちらの記事をご覧ください。
vysor-plugin.png

(補足)インストールしたプラグインの確認

THETA V にインストールしたプラグインは、基本アプリで確認することが出来ます。

確認方法は以下の通りです。

  1. THETA VとPCをUSBケーブルで接続

  2. 基本アプリを開く

  3. [ファイル]→[プラグイン管理]を選択
    plugin-management.png

THETAにインストールされているプラグインの一覧が表示されます。
plugin-list.png

選択されているプラグインが起動プラグインとなります。

起動プラグインを変更したい場合、別のプラグインを選択して完了ボタンを押下します。

なお、スマートフォンの基本アプリでもプラグインの切り替えが出来ます。

まとめ

SDKをカスタマイズすることでオリジナルのTHETAプラグインを簡単に作成することができます。

THETAプラグインをご存じない方はこちらをご覧ください。
興味を持たれた方はTwitterのフォローと
THETAプラグイン開発コミュニティ(Slack)への参加もよろしくおねがいします。

theta-plugin
株式会社リコーの技術者有志による、RICOH THETAプラグイン技術情報の提供を目的としたコミュニティです。
https://api.ricoh/products/theta-plugin/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away