Posted at

MacにBasicTexで最小限のTex環境構築

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Macに最小限の手順でtex環境を構築する手順のメモです。

Macでtexを使うための一式まとめたパッケージとしてMacTexというものがあります。

Mac上でのデファクトスタンダードのようです。

その証拠に brew search latex を実行するとこんなメッセージが出てきます。

If you meant "latex" precisely:

Installing TeX from source is weird and gross, requires a lot of patches,
and only builds 32-bit (and thus can't use Homebrew deps on Snow Leopard.)

We recommend using a MacTeX distribution: https://www.tug.org/mactex/
Caskroom/cask/latexian Caskroom/cask/latexit

MacTexはインストーラが提供されていて、.pkgファイルをftpサイトから落としてくることができます。

しかし、MacTex自体はGUIアプリを含む様々なものが含まれていて.pkgファイルのサイズが2GBを超えています。

ダウンロードするのもだるいし、ディスク容量も圧迫するし、ごちゃごちゃと入れてしまいたくありません。

MacTexから最小限のlatex環境を取り出したBasicTexというものがあり、こちらは100MB程度のパッケージです。

後から必要なパッケージも追加することができるので、このBasicTexを使って環境を構築することにしました。

ちなみに手元のマシンはYosemiteです。


参考サイト


手順


  1. 事前にghostscriptはhomebrewでインストールしておく


    • brew install ghostscript



  2. .pkgファイルをFTPサイトからダウンロード


    • ミラーサイトの一覧はこちらにあります。



  3. ダウンロードしたインストーラを実行



    • /usr/texbin 以下にインストールされ、PATHにも追加される



  4. tlmgr (tex live manager の略) でtex関連のパッケージをインストール


    • tlmgr自身の更新と既存パッケージの更新 sudo tlmgr update --self —all

    • 日本語関連のパッケージの更新(platexとか) sudo tlmgr install collection-langjapanese


      • tlmgrというのはtex関連のパッケージ管理ツール。





  5. (個人的に必要だっただけなので省略可)revtexスタイルファイルを入れる。


    • tlmgr search —-global revtex

    • sudo tlmgr install revtex




  6. extractbb の自動実行の設定


    • pngなどの図をlatexに入れるには境界のサイズを extractbb コマンドで取得する必要があるが、毎回手動で実行するのは手間である。

    • texmf.cnfファイルを編集すると自動でextractbbを実行してくれる。



      • sudo vi /usr/local/texlive/2014basic/texmf-local/web2c/texmf.cnf


        • ファイルのパスは kpsewhich -var-value TEXMFLOCAL で確認できる



      • 中身は以下のように記述する

      • 編集後、sudo mktexlsr を実行




    texmf.cnf

    shell_escape_commands = \
    
    bibtex,bibtex8,bibtexu,upbibtex,biber,\
    kpsewhich,\
    makeindex,mendex,texindy,xindy,\
    mpost,upmpost,\
    repstopdf,epspdf,extractbb




  7. 日本語フォント(ヒラギノ)の設定



    • kanji-config-updmap-sys status を実行。


      • 結果にHiraginoが見つからないので以下の手順で設定する



    • hiraginoフォントをおくディレクトリ作成


      • sudo mkdir -p /usr/local/texlive/2014basic/texmf-local/fonts/opentype/hiragino/



    • cd /usr/local/texlive/2014basic/texmf-local/fonts/opentype/hiragino/

    • 以下の mkfontlink.sh のようにfontのsymbolic linkを作る


    • kanji-config-updmap-sys status を実行して hiragino が出て来れば成功

    • pdfに埋め込むフォントをヒラギノに変更 kanji-config-updmap-sys hiragino


    mkfontlink.sh

    sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W3.otf" ./HiraMinPro-W3.otf
    
    sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W6.otf" ./HiraMinPro-W6.otf
    sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf" ./HiraMaruPro-W4.otf
    sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf" ./HiraKakuPro-W3.otf
    sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W6.otf" ./HiraKakuPro-W6.otf
    sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Std W8.otf" ./HiraKakuStd-W8.otf
    sudo ln -fs "/System/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 ProN W3.otf" ./HiraMinProN-W3.otf
    sudo ln -fs "/System/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 ProN W6.otf" ./HiraMinProN-W6.otf
    sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ ProN W4.otf" ./HiraMaruProN-W4.otf
    sudo ln -fs "/System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ ProN W3.otf" ./HiraKakuProN-W3.otf
    sudo ln -fs "/System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ ProN W6.otf" ./HiraKakuProN-W6.otf
    sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ StdN W8.otf" ./HiraKakuStdN-W8.otf




  8. latexmk のインストール


    • mactexには自動で入っているが、BasicTexには入っていない模様

    • sudo tlmgr install latexmk

    • pdfにコンパイルするときには latexmk -pdfdvi でコンパイルできる。




スタイルやフォントが見つからないとき

以後、追加でスタイルファイルなどを追加したいときは


tlmgr.sh

tlmgr search —global foobar

sudo tlmgr install foobar

で必要な分だけインストールできます。