Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure IoT のソリューション構築に役立つサイト

Azure で IoT を構築する時に見ておきたい情報

IoTのソリューション構築において、そこそこ有用な資料なのですが、あまり存在が知られていないようなので紹介します。

Azure の開発者ガイド

この 第5章 が「IoTでビジネスをつなげる」という内容になっていて、Azure の IoT 向けサービスにどのようなモノがあり、どんな場面で使えるかがシンプルに記載されています。

日本語版もあるので是非。

こんなやつ。
DevGuide.png

[英語版] The Developer’s Guide to Azure (2019年5月版)
https://azure.microsoft.com/en-us/campaigns/developer-guide/
→ PDFでダウンロードできます (Azure_Developer_Guide_eBook.pdf)

[日本語版] Azure の開発者ガイド (2019年5月版)
https://azure.microsoft.com/ja-jp/campaigns/developer-guide/
→ PDFでダウンロードできます (Azure_Developer_Guide_eBook_ja-JP.pdf)

Azure リファレンスアーキテクチャ(PDF)

こちらは開発者ガイドより詳しい内容で、がっつり書かれています。
RefAch.png

Azure IoT 参照アーキテクチャ で説明されている リファレンスアーキテクチャ のもっと詳しいものがPDFで入手できます。
※2019年9月時点: バージョンは若干古いですが日本語翻訳版も出てます。

[英語版] Ver2.1
Microsoft Azure IoT Reference Architecture (Ver2.1 英語) 9/26/2018
http://download.microsoft.com/download/A/4/D/A4DAD253-BC21-41D3-B9D9-87D2AE6F0719/Microsoft_Azure_IoT_Reference_Architecture.pdf

[日本語版] Ver2.0 日本語 (2018年8月翻訳版)
http://download.microsoft.com/download/6/1/6/6166d6c1-0ac3-4869-840d-53bcc85319db/Microsoft_Azure_IoT_Reference_Architecture_J_V2.0.pdf


ちなみに、この辺りの資料は定期的にアップデートされているのですが、下記URLのようにマイクロソフト社のブログで「新しいバージョン出したよ!」って感じで、たまに情報発信されていますので、今後新しいバージョンが欲しい方はチェックしてみてください。
Azure IoT Reference Architecture update (Microsoft Blog - Udapte)

ymodek
Microsoft Azure で IoT 中心にやってます。 Microsoft MVP for Microsoft Azure (Jul 2018 - 2020)
teldevice
東京エレクトロンデバイスは、デバイスからクラウドまで、お客様のIoTビジネスを強力かつトータルにバックアップします。
https://esg.teldevice.co.jp/iot/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした