17
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

2020年から始める Azure Cosmos DB - 環境構築

th.jpeg

この記事について

本記事は、2020年3月6日 (米国時間) にて、Azure Cosmos DB に新しく Free Tier (無償利用枠) が登場したことに伴い、改めて Azure Cosmos DB を色々と触っていく試みの初回です。
今回は、Free Tier にて Azure Cosmos DB の環境を新しく作成し、Azure Cosmos DB を試しに操作するまでを行います。

なんと、毎月 400 RU/秒、容量が5GB まで無料とのこと。

With Azure Cosmos DB Free Tier enabled, you’ll get the first 400 RU/s throughput and 5 GB storage in your account for free each month, for the lifetime of the account.

推定 $24 USD / 月 (日本円で約 2,500 円程度) とありますが、400 RU/秒 や 容量が 5 GB を超過した分から、価格表に従い課金されるとのことです。

Q: How does the Free Tier discount show up on my bill?
A: In Free Tier accounts, you’ll get the first 400 RU/s and 5 GB of storage in your account for free. Any RU/s and storage beyond 400 RU/s and 5 GB will be billed at the regular pricing rates per the pricing page. On the bill, you will not see a charge or line item for the free 400 Ru/s and 5 GB, only the RU/s and storage beyond what is covered by free tier.

個人的な開発や検証で Azure Cosmos DB を無料で維持できる環境が作れることは、非常に嬉しい限りです。

対象読者

  • Azure Cosmos DB について学習したい方
  • Azure Cosmos DB を使ってみたい方

Azure Cosmos DB とは

Azure Cosmos DB とは、Microsoft 社によってグローバルに配布されるマルチモデル データベース サービスで、いわゆる NoSQL を扱うサービスです。
従来の (と言っても Azure Cosmos DB が発表されたのは 2017 年なのでもうかなり昔な感じがしますが) Document DB を内包しており、SQL や MongoDB、Cassandra や Tables、Gremlin など、ユーザーが好みの API を使用し、高速にデータにアクセスすることができます。

azure-cosmos-db.png

詳しくは、Microsoft Docs の情報を参照してください。

環境作成

Azure サブスクリプションの作成

Azure アカウントを持っていない方は、新しく作成してください。

Azure Cosmos DB の新規作成

[ホーム] 画面より、[リソースの作成] を選択します。
[Azure Marketplace] より [データベース] を選択し、[Azure Cosmos DB] を選択します。

screen1.png

[Azure Cosmos DB アカウントの作成] 画面が表示されるので、以下の情報を入力し、[次: ネットワーク] を選択します。

  • サブスクリプション: <任意のサブスクリプションを選択>
  • リソースグループ: <任意のリソースグループを選択>
  • アカウント名: <自分の Azure Cosmos アカウントを識別するための名前を入力>
  • API: コア (SQL)
  • Notebooks (Preview): Off
  • Apply Free Tier Discount: Apply
  • 場所: <任意のリージョンを選択>
  • Account Type: Non-Production
  • geo 冗長性: 無効
  • マルチリージョン書き込み: 無効

screen2.png

※アカウント名は、指定した名前に documents.azure.com が付加されて URI が作成されるため、グローバルで一意の名前を使用する必要があります。
※アカウント名に含めることができるのは、英小文字、数字、ハイフン (-) のみで、3 〜 31 文字である必要があります。

[Network connectiivity] 画面が表示されるので、以下の情報を入力し、[確認と作成]を選択します。。

  • Connectivity method: All network

screen3.png

※タグについては、必要に応じて設定してください。

確認画面が表示されたら、内容を確認して、[作成]を選択します。
デプロイが完了するまで、待ちます。

screen4.png

コンテナ作成

Azure Cosmos DB のデプロイが完了したら、最初にコンテナを作成します。
[Create 'Items' container] を選択します。
※もしくは、後述の[データ エクスプローラー]を使って、任意のコンテナを作っても構いません。

screen5.png

[データ エクスプローラー] を選択します。

screen6.png

[データ エクスプローラー] 画面にて、先ほど作成した [Items] コンテナーが存在することを確認できます。

screen7.png

データ作成

試しにデータを作成してみます。
画面上部にある [New Item] を選択します。

screen8.png

新しく登録するデータがデフォルトで表示されることを確認します。
id を任意の値に変更し、[Save] を選択してデータを登録します。

screen9.png

登録すると、システム側で他の値が付与されたものが、レコードとして正常に追加されたことを確認できます。

screen10.png

クエリ実行

新しい画面でクエリを実行し、先ほど登録したデータを参照します。
画面上部にある [New SQL Query] を選択します。

screen11.png

[Query 1] タブが開き、SQL の入力画面が表示されます。
以下のクエリを入力し、実行してみると、Itemsコンテナ内のデータを取得できることを確認できます。

クエリ
SELECT * FROM Items

screen13.png

関連リンク

参考情報

Microsoft Docs

Microsoft DevBlogs - Cosmos DB

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
17
Help us understand the problem. What are the problem?