Edited at

JSONを返す無料APIを3分で作る方法

More than 1 year has passed since last update.


JSONを返す無料APIを3分で作る方法


はじめに

この記事の読書対象者は以下のようなエンジニアです。


  • Ajaxで叩くAPIを用意してあげようとしている新人教育中の優しい先輩

  • なんかのサンプルアプリを作っているときのモックとして


API作成


  • 実際に通信する


    • Google Apps Script (GAS)で作成する

    • MyJson (既存のWebサービス)でJsonを登録する



  • ローカルサーバーを立てる


    • json-server(npmで導入する)




Google Apps Script(GAS)を使う

以下のコードをGASに貼り付けて、「公開」「ウェブアプリケーションとして導入」を押して発行されたURLを叩くと文字列のJSONが返ってくる。

function doGet(e) {

return ContentService.createTextOutput(JSON.stringify({'name': 'Qiita'}))
.setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
}

参考: https://developers.google.com/apps-script/guides/content#serving_json_from_scripts

GetメソッドにtokenをつけてたらJsonを返すとかそういう処理もできるのでオススメ!


MyJSONというWebサービスを使う

無料Webサービスではこれが簡単かと思います。http://myjson.com/

curl https://api.myjson.com/bins/f36ox

# {"k":"v"}

Jsonがあれば5秒で作れるのでオススメ!


Json okibaというWebサービスを使う

日本語で使えるサイトです。保存する前に動的にで正しいJSON形式かチェックしてくれます。https://json.okiba.me/

curl https://jsondata.okiba.me/v1/json/z9Hu6180423002129

# {
# "name": "ジェイソン",
# "movie": "13日の金曜日"
# }

情報ありがとうございます @imai さん


localにjson-serverを立てて使う

Node.js等を使える人はjson-serverがおすすめみたいです!

参考:JSON Serverを使って手っ取り早くWebAPIのモックアップを作る

npm install -g json-server

npmインストールとか必要だけどAPIモックにするのにはすごく便利なのでオススメ!


その他

Gistを使ってもいけた。

var url = 'https://api.github.com/gists/3137d994d72040d00a84f422349757d4';

fetch( url )
.then( function( data ) {
return data.json();
})
.then( function( json ) {
console.log( json.files['sample.json'].content );
})

# json

curl https://api.github.com/gists/3137d994d72040d00a84f422349757d4

お手軽ではないです。


終わりに

AjaxとかAPIとかよくわかってなかった時期がありました。それくらいのレベルの人に教えるときに先輩エンジニアが「API作っといたのでこれ自由に叩いていいよ」って感じの世界素敵ですね!!

それでは素敵なAPIライフを!!