Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

STM32マイコン開発ボードを使ったSigfox評価環境を試してみた(1/2)

STマイクロエレクトロニクスの汎用32bitマイコン開発ボードSTM32 Nucleoを使ってSigfox評価ボード環境を試してみます。RFトランシーバIC搭載の拡張ボードが用意されているのでこれを利用します。
Sigfoxへのデバイス登録設定から、ダウンリンク(下りデータ送信)およびアップリンク(上りデータ送信)までやってみたいと思います。Sigfoxネットワークを利用するためにはボードごとに発行されるID/PAC(登録ボードのID番号/認証コード)が必要なので、まずはこれを入手します。
お試しキットなので、ハードウェア以外(ソフトウェア、登録/通信費)は全て無料で使えるようです。

1.ハードウェアの準備

ボード・セットアップ

【用意するもの】
・ NUCLEO-L073RZ (or NUCLEO-F401REなど)
・ X-NUCLEO-S2868A1 (or X-NUCLEO-S2868A2)
 Sub-1GHz 868MHzトランシーバIC ”S2-LP”搭載のNucleo用拡張ボード
・パソコン(Windows 10/7)
・USBケーブル(USB-mini)
まずは2つのボードを用意し、Arduinoコネクタどうしで接続。STM32 Nucleoボードについては上記のボード以外でも登録可能です。現時点でSTM32L0 / L1 / F0 / F4マイコンのNucleoボード用ファイルが用意されています。ボード以外にはパソコンとUSBケーブルを用意します。

Nucleo-L073RZ+S2868A1.jpg

2.ソフトウェアの準備

Sigfox DKのインストール(GUIツール)

次に、登録のため(ID/PACを取得するため)に必要となるツールをダウンロード。
ボードに書き込むソフトウェア・ファイルもこの中に含まれています。

ダウンロードはこちらから: STSW-S2LP-SFX-DK

ダウンロードしたファイルを解凍後、exeファイルを実行するとインストールが始まります。一緒にPORTドライバもインストールされるのでそのまま進めます。
SDK_download_stsw.jpg

ソフトウェア・ファイルをSTM32 Nucleoに書き込む

ボードをパソコンにUSBケーブルで接続すると、「NODE_XXXX」といったUSBメモリデバイスのような形式で認識されます。(初めての場合、最初にドライバのインストールが始まります)
Sigfox DKインストール時に作成されたフォルダ下のBinariesフォルダ内(通常、Cドライブの”Program Files(x86)”フォルダ以下)に各種STM32 Nucleo用のbinaryファイルが入っているので、これを先ほどの「NODE_XXXX」へドラッグ&ドロップ。
これだけでSTM32 マイコンへのプログラム・ファイル書き込みは完了です。
例:NUCLEO-L073RZの場合は、
C:\Program Files (x86)\STMicroelectronics\S2-LP_SigFox_DK_x.x.x\Binaries\SigFox_CLI_Demo_Project
内にある”SIGFOX_CLI_xxxx_NUCLEO_L0.bin”を”NODE_L073RZ”にドラッグ&ドロップで完了。
SDK_FWcopy.jpg

3.SigfoxデバイスのID/PAC入手

ソフトウェアの準備が完了したところで、次にST経由でSigfoxのID/PAC情報を取得します。

Sigfox DKの起動

まずはパソコンにボードを接続した状態で、Windowsの「スタート」から「S2-LP_SigFox_DK」を起動。(STMicroelectronicsフォルダに入ってると思います)
デスクトップ上の同名アイコンをクリックでもOK。

SDK_run.jpg

起動したら、使用するボードのCOMポートを選択して「Open」をクリック。
(通常、ボードを1台接続している場合、COMポートは1台しか見えないので選択肢は1つになります。)

SDK_open.jpg

ボードのレジストレーション(登録)

ST製ボード用のSigfoxのIDおよびPAC(認証コード)は、出荷時にはボードに書き込まれておらず、ST経由で発行されます。

PACが未登録のボードを接続すると(初めて使う場合)、以下のようなレジストレーション用の別ダイアログが開くので、そのまま「Next」をクリック。(Step1)
SDK_newRegistration_1.jpg

続いて以下の必要な情報を入力し、「Generate mail」をクリック。(Step2)
注意点として、ここではまだNextをクリックせずにダイアログをそのままにしておきます。
【入力項目】
- 名前
- 会社名
- Eメールアドレス
- RCZ番号(Radio Configuration Zone)
 日本の場合RCZ = 3なので、3を選択。
SDK_newRegistration_2.jpg

「Generate mail」をクリックすると、以下のような登録申請用メール・コンテンツが自動生成されます。Copyクリックにより全体をコピーし、任意のメーラーで新規メールを作成してそこにペーストします。コピー先で宛先、タイトル(Subject)、本文(Body)をそれぞれ分離し、送信します。
SDK_newRegistration_2_mail.jpg

送信すると'sigfox@st.com'からメールが届くので、本文内にあるアクティベーション・コードをコピー。
SDK_newRegistration_2_mailReceived.jpg

コピーしたアクティベーション・コードをStep2でそのままにしておいたダイアログの空欄に貼り付け、Nextをクリック。
SDK_newRegistration_2_strings.jpg

これでIDとPACを入手できたので、この番号を控えておきます。
あとはFinishをクリックして閉じます。

SDK_newRegistration_3.jpg

長くなりましたので続きはこちらの記事でご覧ください。
(STM32マイコン開発ボードを使ったSigfox評価環境を試してみた(2/2))

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?