Help us understand the problem. What is going on with this article?

the Imaging Source 社製USBカメラをLinux対応にする

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

やり方は全てhttps://github.com/TheImagingSource/tiscamera/wikiに書いてあるが,全て英語ということもあり,ここにメモする.
なお,2016年3月現在,カメラをUVCモードにすると,カメラからPCに送られてくるデータはbayerデータというもので,そのまま見てもモノクロに見え,場合によっては歪んで見える(らしい).
このデータをカラーに直すには,ソフトウェア側で変換処理が必要になる(ここの部分はここでは記述しない).
また,これが原因で,OpenCVでは直接キャプチャできなくなる.

使用機材

  • the Imaging Source社製のUSB2.0カメラ DFM 22BUC03-ML
  • Ubuntu 12

UVC対応カメラへの変更

ここの工程は,https://github.com/TheImagingSource/tiscamera/wiki/Getting-Started-with-USB-2.0-CMOS-Camerasにある通りに行う.
ここでは,ファームウェアをUVC対応のものにアップデートして,カメラをUVCモードにする.

まず初めに以下のコマンドを順番に実行して,ファームウェアのアップデートに必要なソフトを入手する.

git clone https://github.com/TheImagingSource/tiscamera.git
cd tiscamera/tools/euvccam-fw
make

カメラをPCに接続して,

sudo ./euvccam-fw -p

を実行してカメラのプロパティが得られれば,ここまでは良い.
なお,得られたプロパティのFlagsが0になっていれば,それはまだカメラがUVCモードになっていないという意味である.

次にカメラのファームウェアをアップデートする.

sudo ./euvccam-fw -u ../../data/firmware/usb2/dmk22uc03_163_uvc.euv

ここで選択するファームウェアは,カメラの型が異なる場合は,それに合わせる.
なお,このファームウェアの名前は,
(カメラ型番)_(ファームウェアバージョン).euvc
となっているものと思われる(正直よくわからないが,間違えたファームウェアを選択すると,自動でソフトウェアが拒否するらしい).

ファームウェアのアップデートが終わると,元々のファームウェアがbackupディレクトリにバックアップされるので,これは大切に持っておくこと!
紛失すると,二度とWindowsに戻れなくなります.
ファームウェアを戻すには,

sudo ./euvccam-fw -u backups/backup_*.euvc

を実行すればよい.なお,*は適宜正しい番号に変えること.

一度カメラをPCから取り外し,再びカメラを接続したら,

sudo ./euvccam-fw -m uvc

を実行して,カメラをUVCモードにする.

再びカメラをPCから取り外し,再びカメラを接続して,

sudo ./euvccam-fw -p

を実行して,Flagsが1に変わっていれば,無事カメラはUVCモードになった.

カメラのチェック

カメラが無事UVC対応に変更できたかどうかを,ここで確認する.
Linux上でのカメラキャプチャにはqv4l2を使用する.

qv4l2のインストールは,

sudo apt-get install qv4l2

でできる.
あとは,カメラをPCに接続して,

qv4l2

をコマンドラインから実行するだけである.
これでカメラからの映像が得られれば良い.

gstreamerモジュールについて

冒頭に紹介したthe Imaging Source社のGitHubには,Gstreamer moduleをインストールするように紹介しているが,私は,これらを全てインストールして,動作確認までできたが,gstreamer を用いた開発を行う予定はないため,無用だった.
よって,ここでは省略する.

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした