Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacにMavenを導入してEclipseで使用するまでの手順

More than 1 year has passed since last update.

[概要]

本記事では、MacにMavenを導入してEclipseで使用するまでの手順を記載します。
Mavenは、Javaのプログラムを効率良く管理(ビルド)するためのApacheのAntに代わるプロジェクト管理ツールである。
Antの場合にはbuild.xmlという設定ファイルに細かい指示を記述して行っていた各処理を、Mavenでは大まかな指示をpom.xmlに記述して処理する形となっている。
主な特徴として、pom.xmlファイルのタグにプロジェクトで使用するJARライブラリ及びバージョンを指定することで外部からJARを自動でダウンロードして自動でビルドしてくれる。

詳細は以下を参照。

Apache Mavenとは

https://ja.wikipedia.org/wiki/Apache_Maven

[手順]

1. MacにMavenをインストールする

1-1. インストール可能なMavenを確認する
brew search maven

1-2. 最新のMavenをインストールする
brew install maven@3.5

1-3. PATHに追加する(~/.bash_profileを編集して実行)
~/.bash_profile
MAVEN_HOME=/usr/local/opt/maven@3.5
export PATH=$MAVEN_HOME/bin:$PATH

source ~/.bash_profile

1-4. バージョン確認
mvn --version

2.EclipseにMavenを設定する

2-1. [環境設定] > [Maven] > [インストール] > [追加] で [新規 Maven ランタイム ] ダイアログを開く

2-2. インストール・ホーム : 1.の「$ mvn — version」で表示された「Maven home」のパスを設定する

2-3. インストール・ホーム: 手頃に分かる名前を設定する

2-4. [完了]ボタンを押下する

3.Mavenのプロジェクトを作成する

3-1. [ パッケージ エクスプローラ] > [新規]] > [Maven プロジェクト] > [次へ]

3-2. [ デフォルト・ワークスペース・ロケーションを使用 ] にチェックを入れる、[シンプルなプロジェクトの作成] にチェックを入れる > [次へ]

3-3. 下記を入力して[Finish]
GroupId : プロジェクトのルートパッケージ名
ArtifactId : プロジェクト名
Version : プロジェクトのバージョン ( 今回はデフォルトのまんま)

これで、完成!

yhayashi30
このアカウントでの投稿は私個人の見解に基づくものです。
https://yhayashi30.org
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした