Help us understand the problem. What is going on with this article?

C言語で疑似配列構造体を作成して配列のサイズを動的に変更できる処理の習作

More than 1 year has passed since last update.

掲題の通りですが、
char*型(文字列)の扱いにだいぶなれてきたので、ポインタ型のポインタ型変数を扱うトレーニングで
任意のサイズを作成できる配列の処理を書いてみました。
おかしなところがあればツッコミお願いします。

C言語で動的に配列サイズを拡張できる疑似配列構造体を定義

/**
 * 疑似添字配列を作成
 */
typedef struct dummy_array{
    char **value; // value => 値
    int size; // 配列のサイズ
    char* (*getValue)(struct dummy_array*, int); // 構造体に関数ポインタ
} DummyArray;

上記の構造体を扱うためのインターフェイスを定義

/**
 * 第一引数に渡した配列オブジェクトに対して任意のindexの値を取得する
 * indexは構造体メンバのsizeの値を満たすものとする
 * @param DummyArray* array
 * @param int index
 * @return char*
 */
char* getValue (DummyArray* array, int index) {
    if (array == NULL) {
        return NULL;
    }
    // 配列のインデックス 0 <= index < strlen(array)
    if (index >= 0 && index < array->size) {
        return (array->value[index]);
    }
}

/**
 * 指定したサイズの大きさを持つindex配列を生成する
 * @param int size
 * @return DummyArray*
 */
DummyArray* makeArray (int size) {
    DummyArray *array = NULL;
    int make_size = 1;
    // ひとつ分のDummyArrayオブジェクトのメモリを確保する
    array = malloc(make_size * sizeof(DummyArray));
    if (array == NULL) {
        return NULL;
    }
    // 第一引数に渡されたint型変数分の大きさをもつchar**型のメモリを確保
    array->value = (char **)malloc(size * sizeof(char *));
    if (array->value == NULL) {
        return NULL;
    }
    array->getValue = getValue;
    array->size = size;
    return array;
}

/**
 * 第一引数に渡されたDummyArrayオブジェクトのvalueメンバのサイズを1つ分拡張する
 * @param DummyArray* array
 * @return DummyArray
 */
DummyArray* extendArray (DummyArray* array) {
    char **temp;
    temp = (char **)realloc(array->value, (array->size + 1) * sizeof(char *));
    if (temp == NULL) {
        return array;
    }
    if (temp != array->value) {
        array->value = temp;
    }
    // 忘れずに配列のサイズを加算する
    array->size++;
    return array;
}

/**
 * 第一引数に渡したDummyArrayオブジェクトの最初のNULLの値に第二引数のtargetをpushする
 * @param DummyArray* array
 * @param char* target
 * @return int
 */
int appendValue (DummyArray* array, char* target) {
    int index;
    for (index = 0; index < array->size; index++) {
        if (array->value[index] == NULL) {
            array->value[index] = target;
            return 1;
        }
    }
    return 0;
}

以上の用になるべく構造体のオブジェクトを直接編集ぜずに扱えるようにメンバ関数的なものを用意。

これより以下が、実際にDummyArray構造体というオブジェクトを扱うmain関数

int main()
{
    DummyArray* array;
    char *input = NULL;
    int array_index = 0;
    printf("初期配列のサイズを入力してください >>>\r\n");
    input = get_command_line();
    // 入力された文字列をint型へキャスト
    array_index = atoi(input);
    if (array_index == 0) {
        return 1;
    }
    // DummyArray配列を生成
    array = makeArray(array_index);

    int i = 0;
    printf("[0]から[%d]までの配列の値を入力してください >>>\r\n", array_index - 1);
    for (i = 0; i < array->size; i++)
    {
        printf("[%d]番目 >>>\r\n", i);
        input = get_command_line();
        if (appendValue(array, input) != 1 ) {
            printf("値のPushに失敗しました");
            exit(255);
        }
    }
    // すべての値を入力したあと,配列のサイズを拡張してみる
    array = extendArray(array);
    appendValue(array, "配列を拡張して、値を追加しました。");
    printf("DummyArrayオブジェクトが保持している値一覧を取得\r\n");
    for (i = 0; i < array->size; i++)
    {
        printf("%s\r\n", array->getValue(array, i));
    }
}

上記の中に

get_command_line()

という関数があるがこちらはコマンドラインから入力した任意のサイズの文字列を取得する自作関数。

これをビルドして実行すると

[root@1ef475d5fd40 tmp]#
[root@1ef475d5fd40 tmp]# ./a.out
初期配列のサイズを入力してください >>>
5 // CLIからの入力
[0]から[4]までの配列の値を入力してください >>>
[0]番目 >>>
あいうえお // CLIからの入力
[1]番目 >>>
かきくけこ // CLIからの入力
[2]番目 >>>
さしすせそ // CLIからの入力
[3]番目 >>>
たちつてと // CLIからの入力
[4]番目 >>>
なにぬねの // CLIからの入力
DummyArrayオブジェクトが保持している値一覧を取得
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
配列を拡張して、値を追加しました。
[root@1ef475d5fd40 tmp]#

上記の用に配列初期化時に、
任意のサイズの大きさの文字列型配列のメンバを持つDummyArrayオブジェクトを生成し
順次値をCLIから入力し、
さらに、extendArrayという自作関数でindexのサイズを拡張子
そこに新しい const char*型の値を追加する

yayoshM
とある福岡の地場企業
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away