Help us understand the problem. What is going on with this article?

Fusekiをダウンロードして立ち上げるまで。Windows 10編

More than 1 year has passed since last update.

手軽にRDFデータを用意してSPARQLでの検索を試せるツールとしてFusekiがあります。

今回はWindows 10で立ち上げるまでのメモを記述しますが、Windows 8.1でも同様の操作で問題なく立ち上げられることを確認済みです。
なお、Fusekiを動作させるためにはJavaのバージョン8以降が必要になりますので、適宜こちらから取得しておいてください。

  1. 最初にここからapache-jena-fuseki-X.Y.Z.zipを取得します(X.Y.Zはアクセス時点での最新バージョンに読み替えてください。たとえば2.6.0、つまり、apache-jena-fuseki-2.6.0.zipなど)。
    ダウンロードフォルダにある、取得したファイルについて当該アイコン上で右クリックして表示されるメニューから「すべて展開(T)…」を選択します。
    2016-07-01 (3) - コピー.png

  2. 続いて展開して現れたフォルダにある、「Windowsバッチファイル」の「fuseki-server」あるいは環境によっては「fuseki-server.bat」と表示されているファイルをダブルクリックして起動します。
    2016-07-01 (9).png

    ターミナルのウィンドウが開いて起動処理が始まりますが、途中でセキュリティの関係から「Windowsセキュリティの重要な警告」というポップアップウィンドウが表示されるかもしれません。当該ウィンドウに書かれている「名前(N)」が「Java(TM) Platform SE binary」、「発行元(P)」が「Oracle Corporation」であれば問題ないので、「アクセスを許可する(A)」をクリックして続行します。
    2016-07-01.png

  3. ターミナルウィンドウ内の表示が、「Started 2016/07/01 10:32:17 JST on port 3030」という感じの状態で止まっていれば問題なく起動していますので、当該ウィンドウが表示されているPCのウェブブラウザから、http://localhost:3030/ にアクセスします。

  4. 「Apache Jena Fuseki」と書かれているページが表示されると思いますので、ページの右上にある「Server status:」の右隣に表示されている丸いアイコンの色が緑であることを確認します。
    2016-07-01 (10).png

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away