Help us understand the problem. What is going on with this article?

チケットの利用方法 - Rackhub

More than 5 years have passed since last update.

概要

キャンペーンや友達からのプレゼント等で受け取ったRackhubチケットの利用方法を説明します。

チケットの概要

  • Rackhubのチケットのコードは、以下のような16文字の文字列(4x4)になっています。

    XXXX-XXXX-XXXX-XXXX
    
  • 16文字のチケットコードを教えることで、他の方にチケットを譲渡することも可能です。

  • 一度お使い頂いたチケットは即失効し、二度とお使い頂くことはできません。

チケットの使い方

1. 『チケットの利用』ボタンの場所

このチケットを利用するには、まずお手持ちのRackの中からチケットを利用したいRackを選択し、そのRackページを表示してください。『チケットの利用』ボタンは、そのRackページの左メイン部分の下のほう(Rack概要の下、ポート情報の上)にあります。

2. チケットの適用

上記の『チケットの利用』ボタンをクリックすると、チケットを適用するためのフォームが表示されます。

このフォームのチケットコードの欄にお手持ちのチケットの16文字(XXXX-XXXX-XXXX-XXXX)のコードを貼り付けて送信してください。

3. チケットが適用されたことの確認

チケットが正常に適用された場合は、下図のようにRackのアクティビティに、『「xxx」の有効期限をx日間延長しました。』と表示されます。

また、Rackの概要の有効期限の時間を確認すると、先ほどの有効期限からチケットで定められた日数分延長されている;が確認できます。

4. その他

  • もしチケット関連でお困りの方もしくはご質問のある方は、ここのコメント欄かもしくはinfo@rackhub.netまでご連絡ください。

本投稿は、次の Gist を fork して転載したものです。
Gist - チケットの利用 on Rackhub
* 作者から許諾も頂きました。

yasulab
YassLab (株) 代表取締役。(一社) CoderDojo Japan 代表理事。未踏ジュニア PM。RailsチュートリアルやRailsガイド、coderdojo.jp の運営・開発をしています。
https://yasslab.jp/ja
yasslab
RailsチュートリアルとRailsガイドを開発しています。解説動画や電子書籍、法人向け研修・協業プラン、全文検索・バージョン切替機能などを提供しています。
https://yasslab.jp/ja
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away