ChromeOSに開発系ツールを入れて快適コーティング vimで日本語もOK!

  • 91
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

chromebookのさくさく感が病みつきになっている。
chromeOSの標準はvim7.3。
vim7.4やgitやrubyがいれられるといいなと思っていると、先人の偉業があった。

cromebrew

これは、Linux brewと同じように、root権限を必要とせず、OSとは異なる独自のパッケージ管理を行う仕組み。
ChromeOSの場合は、/usr/localにbrewのパッケージがインストールされていく。

cromebrewのインストール

以下の一発でOK。

wget -q -O - https://raw.github.com/skycocker/chromebrew/master/install.sh | bash

インストール結果

これだけで、/usr/local に以下の様なコマンドが入る。make、Cコンパイラから、git、ruby、pythonまで十分過ぎる充実感だ。

chronos@localhost /usr/local/bin $ ls
2to3            elfedit           git-shell           msgcmp         perldoc     python3            strings
2to3-3.3        enc2xs            git-upload-archive  msgcomm        perlivp     python3.3          strip
a2p             envsubst          git-upload-pack     msgconv        perlthanks  python3.3-config   testrb
addr2line       erb               gprof               msgen          piconv      python3.3m         tzselect
ar              find2perl         h2ph                msgexec        pl2pm       python3.3m-config  x86_64-unknown-linux-gnu-c++
as              g++               h2xs                msgfilter      pldd        python3-config     x86_64-unknown-linux-gnu-g++
autopoint       gcc               iconv               msgfmt         pod2html    pyvenv             x86_64-unknown-linux-gnu-gcc
c++             gcc-ar            idle3               msggrep        pod2latex   pyvenv-3.3         x86_64-unknown-linux-gnu-gcc-4.8.1
c2ph            gcc-nm            idle3.3             msginit        pod2man     rake               x86_64-unknown-linux-gnu-gcc-ar
catchsegv       gcc-ranlib        instmodsh           msgmerge       pod2text    ranlib             x86_64-unknown-linux-gnu-gcc-nm
c++filt         gcov              irb                 msgunfmt       pod2usage   rdoc               x86_64-unknown-linux-gnu-gcc-ranlib
config_data     gem               json_pp             msguniq        podchecker  readelf            xgettext
corelist        gencat            ld                  mtrace         podselect   recode-sr-latin    xmlwf
cpan            getconf           ld.bfd              ngettext       prove       ri                 xsubpp
cpan2dist       getent            ldd                 nm             psed        rpcgen             xtrace
cpanp           gettext           libnetcfg           objcopy        pstruct     ruby               zipdetails
cpanp-run-perl  gettextize        locale              objdump        ptar        s2p
cpp             gettext.sh        localedef           openssl        ptardiff    shasum
c_rehash        git               make                pcprofiledump  ptargrep    size
crew            git-cvsserver     makedb              perl           pydoc3      sotruss
curl            gitk              msgattrib           perl5.18.1     pydoc3.3    splain
curl-config     git-receive-pack  msgcat              perlbug        python      sprof

crewの使い方

crew <command> <package> <keep[temporary files]>

Where available commands are:
  search [looks for a package]
  download [downloads a package to CREW_BREW_DIR (/usr/local/tmp/crew by default), but doesn't install it]
  install [installs a package along with its dependencies. You'll be prompted for confirmation]
  remove [removes a package. Must be ran as root]

node.jsのインストール

crewを使って、node.jsをインストールする。

$ crew search nodejs
Found nodejs, version 0.10.36
$ crew install nodejs

その他

驚くことに実は、chromeOSには、lessコマンドが入っていない。
そして、vimでは日本語が表示できない。
そこで、crewで入れてしまえばいい。

crew install less
crew install vim

これで/usr/local/binにvim7.4が入り、それを実行すればChromeOSでもちゃんと日本語が扱える表示できる。(入力はできない)