Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Ruby on Rails】アプリケーション作成前の事前準備の方法

皆さまこんにちは。

コロナウイルスの影響で自粛期間が続きますが、
お暇な時間何をしてお過ごしでしょう。

Netflix?

いいですね。楽しそうです。
でも僕はWebアプリケーションを作成します。

と茶番はそれくらいで、本日はWebアプリケーションを作る上で事前準備をまとめていきたいと思います。

前提として、コードはAWSのcloud9を使って実装していきます。
その辺の登録の仕方は検索してみてください(すみません)

ということでやっていきます。

事前準備

①environment create を押下する

Your environments.png

右上のやつです。
これを押下して作成していきます。

②順に入力していく

Create a new environment.png

2箇所入力欄がありますが、必須なのは上のだけです。
説明が必要なら下のも入力しましょう。

んで『Next step』を押下

③ページが遷移するがそのままもう一度『Next step』を押下

Create a new environment (1).png

④確認ページに遷移するのえ問題なければ『Create environment』を押下

Create a new environment (2).png

さて、これで事前準備が整いました。
ここからはまずRubyをインストールしていきます。

Rubyをインストールする

下記手順に沿って実行してください。(ターミナルへ書いていきます)

$ rvm install 2.5.1
$ ruby -v
$ rvm --default use 2.5.1

5分くらいインストールに時間を要する作業になります。気長に待ちましょう。
文頭についている『$』はターミナルである証のようなものなので事前についています。コピペする際はそれ以降の文字からするようにお願いします。

mysql関連ファイルのインストール

$ sudo yum install -y mysql-devel

Complete!
と最後に出ればOKです。

mysqlの実行

$ sudo service mysqld start

Starting mysqld:
と最後に出ればOKです。

このコマンドはよく打つのでクルクルなどで登録しとくと便利です。

bundlerのインストール

$ gem install bundler -v '1.17.3'

ここまで完了すればRubyを入れることができました。
続いてRailsをインストールしていきます。

Ruby on Railsのインストール

$ gem install rails --version="5.2.1"

これも結構時間がかかるので気長に待ちましょう。

インストールが終わったら確認しましょう。

$ rails -v

Rails 5.2.1と出たのでOKです。

さあこれでRailsのアプリケーションを作成する準備ができました。
次回は早速アプリケーションを作っていきます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした