Edited at

シリアル通信いろいろ

El Capitanに少しづつ移行するためにちょっと調べてみました。USBシリアルはMCP2221Aを使って確認しました。

MCP2221AはEl Capitanではシリアルポートとして認識されますが、雪豹では認識されませんでした。


cu

$ sudo cu -s 115200  -l /dev/cu.usbmodem641 

unixに古くからあるコマンドです。雪豹くらいから属性ファイルを書き込むためにroot権限が必要になっています。

抜ける時:~ .


screen

$ screen /dev/cu.usbmodem641 115200

FreeBSDではデフォルトでは入りませんが、Mac OS Xには入っているみたいです。

抜ける時:ctrl+a k


jerm

オープンソースのツールです。ccでビルドする必要があります。昔cuのフロー制御で問題があって使うようになった記憶があります。

http://www.bsddiary.net/jerm/

$ jerm -f none -b 115200 /dev/cu.usbmodem641

抜ける時:~ .


minicom

たしか古くからあるオープンソースですが、おそらくオリジナルの開発者がやめてdebianが引き取ってるようです。試してません。


CoolTerm

GUI版のオープンソースのフリーウエアです。

http://freeware.the-meiers.org

「開発元が未確認のため開けません。」で試していません。

たいていのシリアル通信のボーレートは9600、19200、38400、57600、115200のどれかです。

余談ですが、インターネットが普及する前のパソコン通信華やかし頃は、機能豊富なパソコン用のシリアル通信ソフトがたくさんありました。当時tipやcuしかないUNIX環境を恨めしく思ったのですが、逆にそれしか残っていないというのも、なんとも不思議なものです。


デバイスいろいろ

メーカー
チップ
署名ありドライバ
V

Microchip
MCP2221A

5V

FTDI
FT232R

5V

FTDI
FT231,FT232H

3.3V

SiLabs
CP2102

3.3V

Prolific
PL2303HX

5V

WCH
CH341
×
5V,33V

5Vのものもレギュレーターで3.3Vを作って流せば3.3Vで使えるものもあります。