Edited at

Lotusを使った日本で初めてのアプリケーション(Part1)

More than 3 years have passed since last update.


lotusについて

lotusとはrubyの最新フレームワークであり、1ファイル構成の簡易な構成から、複数のルートを持つ大規模なアプリケーション開発まで出来る、自由度の高いフレームワークです。

日本では、少なくとも私が知る限りlotusを使った実践的なアプリケーションは無いので、lotusを使い、簡単なアプリケーションを開発したという話をしていこうと思います。

(情報が少なく、手探りな感じで作ってみた部分が多いので、議論等できればいいかなって思っています)

なお、この記事を書いた時点で、まだリファクタリングが済んでいないため、コードの可読性については一度目をつぶっていただけると嬉しいです。


概要

lotusをベースに、下記のフレームワーク・技術を使った、簡単なブログシステムを作ったので、システムの概要について書いていこうと思います。

・lotus

・sqlite3

・sass

・Vue.js

・grunt

・typescript

・Ajax

サンプル画像


Part1(とりあえず、動かしてみる)

Part1では、まずlotusを導入し、Lotusを使った日本で初めてのアプリケーションを動かすことまでを書いていきます。


lotusの導入

lotusの本家ページを見ると、下記のように載っているので、その通り実行し導入

$ gem install lotusrb


コードを落としてきて準備

とりあえず、コードを落としてきて、bundle installする。

$ git clone https://github.com/yamadagenki/lotus_blog

$ cd lotus_blog
$ bundle install


dbセットアップ

あとは、dbをセットアップ(今回はsqlite3を使っている)

$ cd db

$ ruby blog_migrate.rb

これで準備完了。

あとは、hostとかportとか指定してあげれば動く。


動かしてみる

lotus_blog/の下で

$ lotus server -p 2300 --host=0.0.0.0

を打ち、http://192.168.33.10:2300/にアクセスすれば、とりあえず動くはず。

(Vagrantfileのコメントアウトを忘れずに)


記事を書く

ブログ記事の編集は

http://192.168.33.10:2300/edit/user=yamadagenki&pass=lotusblog

より行う。(Enterを押すと、apiと通信し、勝手に保存される)

ユーザ名とパスワードはconfig/environment.rbにある、

NAME = "yamadagenki"

PASS = "lotusblog"

より編集ができる。


記事を編集する

記事を作成後、編集したかったら

http://192.168.33.10:2300/edit/user=yamadagenki&pass=lotusblog&id=1

などとしてidを指定して編集する。