Help us understand the problem. What is going on with this article?

Oracle WebLogic Cloud改めOracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructure

BYOL以外でもWebLogicが使用可能に

いままでOracle Cloud InfrastructureでWebLogicの利用するには以下の方法があった。

  • OCI-CでJava Cloud Service(WebLogic ServerのPaaS)
  • OCI ComputeでBYOLして「手組」or「マーケットプレイスイメージ」

2020年3月からはOCI ComputeのマーケットプレイスイメージでUniversal Creditを利用できるようになった。このマーケットプレイスイメージをOracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructureと呼ぶ。

最大のメリットはUniversal Creditによる、利用しただけ課金が可能なこと。

またJava Cloud Serviceは近日中に新規プロビジョニングが停止になる予定だ。詳しくは下記ブログを見てほしい。

使用できるエディションと価格

Universal Creditを利用できるのはEnterprise EditionSuiteで、Standard EditionBYOLに限られる。Universal Creditを適用するにはマーケットプレイスイメージを使用する必要がある。

構築方法 適用可能なライセンス 特徴
手組 BYOLのみ オンプレミス踏襲が可能
マーケットプレイス(Oracle WebLogic Server for OCI) EEとSuiteはUniversal Credit or BYOL。SEはBYOL 構築自動化。Universal Creditによる利用しただけ課金

価格は以下のとおり(最新価格表)。これ以外にComputeとBlock Storage費用が必要になる。

Product Pay As You Go (OCPU Per Hour) Monthly Flex (OCPU Per Hour)
Oracle WebLogic Server, Enterprise Edition ¥58.068 ¥38.712
Oracle WebLogic Server Suite ¥162.60 ¥108.40

Monthly Flexで1年間の費用を計算すると、
38.712×24h×365days
=339,117円

Enterprise Editionのプロセッサライセンスが300万円(サポート費含まない)と考えると、戦略的な価格になっている。

次のスクリーンショットはマーケットプレイスを表示したものだ。右下に「有料(Paid)」と表示されているのがUniversal Creditで利用できるイメージだ。

weblogic01.PNG

使用方法

詳しい使い方はマニュアルを参照のこと。構築は自動化されているが、PaaSではないので運用は手動になる。

とはいえ、オンプレミスからのマイグレーションならばComputeを使うとしても、これからはKubernetesなどのコンテナ利用が主流になるかもしれない。

yamada-hakase
長らくOracleをやっていて、10gくらいまでは雑誌や書籍なども執筆。その後「オープンソース愛」のためスピンアウト。某Linuxディストリビューションの立ち上げに参加し、OSSを主体としたインフラ屋。近年はOracle CloudやAWS、Azureなどのクラウド屋。Linuxが好物。 なお、こちらに書いてあることは筆者自身の見解であり、所属企業の見解を反映したものではありません。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした