Edited at

DBFluteにおける自動設定値

■共通カラムの更新

各テーブルの共通項目(システム更新日付等)は

下記設定ファイルで定義され、

アプリケーション側からパラメタとして渡す必要はない。

設定ファイル : commonColumnMap.dfprop


■バージョンの更新

排他制御に使われるカラムは、

自動的にインクリメントされるため、

アプリケーション側でインクリメントして渡す必要はない。


■更新不要項目について

Entityに対して、更新(setXXX())を行った項目のみ更新対象となる。


■参考

http://dbflute.seasar.org/ja/manual/function/ormapper/behavior/update/update.html

(DBFlute公式 : Updateについて)