Git
AWS
OSX
SourceTree
CodeCommit

AWS CodeCommit + Git (https) を OSX から SourceTreeで使う

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

AWSでWEBサービスを作るにあたり、CodeCommit を使ってソースを管理しようと思い、AWS CodeCommit を利用することにしたのでその準備方法などを整理&メモとして残す。サーバ側を python3 で開発するつもりなので、python 周辺のツールを色々と使っているけど、pythonとか使いたく無い…って人は、別の道を探した方が良いと思う。

前提

ほとんど開発用のツール・ライブラリが入っていないことを前提にしているのだけど、まっさらな OSX を用意したわけで無いので、エラーが発生するような場合は、それぞれ解決が必要。たぶん、pip とか…。

CodeCommit の作成など

下記のサイトとかを参考に、CodeCommit上にGitリポジトリを作り、アクセス用のアカウントを準備する。非常にざっくり・簡単に言えば、(1)AWS IAM でユーザを作って、(2)CodeCommit でリポジトリを作って、(3)AWS IAM で認証情報を生成する…といった流れ。

AWS Code Commitでgitリポジトリを作る

実は、この状態で OSXのコマンドプロンプトから git clone コマンドを叩くと、ユーザID・パスワードを入力すれば普通にクローンできる。だけど、コマンドは何かと不便なので、SourceTreeを使うためにおまじないが必要。

AWS CLI をインストール

下記のサイトなどを見る限り、SourceTree が認証をパスするためには、awsコマンドが存在しないといけない模様。なので、awscli をインストールするのだけど…ついでに、pythonのバージョン更新も行う。

AWS CODECOMMIT WITH SOURCETREE

OSX:python2.7 から python3 に変更

下記のサイトを参考に、OSX の python を python3.6.3 に変更。特に必要性は無いのだけど、サーバ側のバージョンを 3.6系にするつもりなので、環境を一致させる意味でも変更する。

MacOSとHomebrewとpyenvで快適python環境を。

AWS CLI のインストール

python (pip) の環境が揃っているなら非常に簡単。以下のコマンドでインストール。エラー(不足ライブラリなど)は適当に処理すべし。

sudo pip install awscli

AWS接続用の資格情報を作成

awsコマンドを使って、接続用の資格情報を作成。AWS IAM で作ったユーザの資格情報が必要になるので準備しておく。

aws configure --profile << 適当な名称 >>

AWS Access Key ID [None]: << ユーザー名 >>
AWS Secret Access Key [None]: << パスワード >>
Default region name [None]: << リージョン名 >>
Default output format [None]: 

#上記の << ... >> は、適宜置き換え

SourceTreeで Clone から Push まで

ひとまず、SourceTreeを使って、リポジトリを clone する。認証情報を聞いてきたり、KeyChain へのアクセス許可を聞いてきたりと若干忙しいけど、特に問題ない…はず。

ただし、このままでは ローカルへの commit はできても、サーバへの pull も push もできないので、config ファイルに追記する。

configへの追記
[credential]    
    helper = !aws --profile << 適当な名称 >> codecommit credential-helper $@
    UseHttpPath = true

# << 適当な名称 >> は、aws configure で使った名称。

まとめ

ssh でやれば良かった… なんて野暮なことは言ったらダメなのだと思うけど、https 経由でも無事に SourceTree が使える模様。