Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Code Commitでgitリポジトリを作る

More than 1 year has passed since last update.

投稿日:2017-10-04

はじめに

今回gitの環境を自分で初めて構築したのでその備忘録として記録しておきます。(これまではsvnを使用していたり、誰かの作ったgit環境で作業をしたりしていました)

前準備

前提条件とかの確認
この部分で読む意味があるかどうか判断してもらえればありがたい。

やりたいこと

  • AWS Code Commit を使用して git リポジトリの作成
  • ローカルのwindows環境からアクセス

環境

  • Amazon Linux AMI 2016.09-release
  • Windows 8.1 Pro 64bit

前提知識

必要なもの

  • AWSアカウント
  • Windowsマシン(対応するgitがインストールできればOK)

実作業

AWS CodeCommit にアクセス

AWS CodeCommit repository を作成

『リポジトリの作成』ボタンを押してリポジトリ名(100文字以内)を入れれば完了。説明は無くてもいい。
リポジトリ名も説明も後で変更可能。とはいえ、リポジトリ名を変えると色々とメンドクサイので変えない方がよい。

SSH接続

※ root アカウントではSSH接続はできません。
※ IAMUserSSHKeys ポリシー、IAMReadOnlyAccess ポリシー、適切な AWS CodeCommit 管理ポリシーを IAM ユーザーにアタッチ
詳細はこちら

  1. Git (1.7.9 以降)インストール
  2. ssh-keygen を使用してパブリック/プライベートキーペアを作成
  3. SSH パブリックキーを IAM ユーザーにアップロード
  4. SSH 設定ファイル (drive:\Users<user-name>.ssh\config) を編集
Host git-codecommit.*.amazonaws.com
  User Your-IAM-SSH-Key-ID-Here
  IdentityFile ~/.ssh/Your-Private-Key-File-Name-Here

5.作業を行うコンピュータにリポジトリのクローンを作成
git clone ssh://git-codecommit.us-east-1.amazonaws.com/v1/repos/<reponame>

最後に

以上でローカルの作業環境からAWSにpushできるようになる
ここで一応費用面についても触れておく

無料範囲

  • 最初の5人のアクティブユーザー(アクセスしないユーザーは関係なし)
  • 無制限のリポジトリ
  • 50 GB のストレージ/月
  • 10,000 回の Git リクエスト/月

追加料金

  • 追加ユーザー1人:1 USD/月(以下の特典が付く)
10 GB のストレージ/月
2000 件の Git リクエスト/月
  • 0.06 USD/GB/月
  • 0.001 USD/Git リクエスト

料金の詳細はこちら

参考リンク

AWS CodeCommit とは
Git をはじめからていねいに
私家版 Git For Windowsのインストール手順
WS CodeCommit 料金

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away