Posted at

YosemiteのISOイメージを作成

More than 3 years have passed since last update.


手順

インストーラーが存在しない場合は、App Storeで事前にダウンロードしておいてください。

1.インストール用イメージをマウント

$ hdiutil attach /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/install_app

2.インストールイメージ内のBaseSystem.dmgをスパースイメージに変換

$ hdiutil convert /Volumes/install_app/BaseSystem.dmg -format UDSP -o /tmp/Yosemite

3.スパースイメージのディスクサイズを8GBまで拡張

$ hdiutil resize -size 8g /tmp/Yosemite.sparseimage

4.スパースイメージをマウント

$ hdiutil attach /tmp/Yosemite.sparseimage -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/install_build

5.パッケージ一覧をYosemiteのものに差し替え

$ rm /Volumes/install_build/System/Installation/Packages

$ cp -rp /Volumes/install_app/Packages /Volumes/install_build/System/Installation/

6.ブータブルイメージにするため、BaseSystem.dmgとBaseSystem.chunklistをスパースイメージのルートにコピー

$ cp /Volumes/install_app/BaseSystem.dmg /Volumes/install_build/

$ cp /Volumes/install_app/Basesystem.chunklist /Volumes/install_build/

7.インストール用イメージとスパースイメージをアンマウント

$ hdiutil detach /Volumes/install_app

$ hdiutil detach /Volumes/install_build

8.イメージサイズを、8GB固定から実サイズまでストレッチ

$ hdiutil resize -size `hdiutil resize -limits /tmp/Yosemite.sparseimage | tail -n 1 | awk '{ print $1 }'`b /tmp/Yosemite.sparseimage

9.スパースイメージをISOイメージへ変換

$ hdiutil convert /tmp/Yosemite.sparseimage -format UDTO -o /tmp/Yosemite

10.スパースイメージを削除

$ rm /tmp/Yosemite.sparseimage

以上です。