Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bluemix Infrastructure(旧SoftLayer) で、従来IDをIBMidに切り替える

この記事は、Bluemix(SoftLayer) Advent Calendar 2016 の15日目の記事です。
http://qiita.com/advent-calendar/2016/bluemix

はじめに

2016年11月上旬から、Bluemix Infrastructure(旧SoftLayer)の管理ポータル画面にログインすると、下記のようなポップアップが出るようになりました。

ibmid01.png

これは、ログインするための認証情報として、従来のユーザーIDに代わり、IBMidが使われる事になったための移行措置です。IBMidを使う事で、従来からあるBluemix(PaaS)と共通のIDでログインできたり、アカウントをリンクさせることで、同じ管理画面内でIaaSとPaaSの両方を使えるようになります。
なお、現在、新規にBluemix Infrastructureのアカウントを開設すると、最初からIBMidが使われるようになっています。
https://www.change-makers.jp/docs/softlayer-config-guide/10290

今のところは何となくLaterを押して、先送りにしている方もけっこう多いのではないでしょうか。今後、IBMidが主流になっていくと思われますので、切替方法を確認したいと思います。

既存IBMidまたはメールアドレスの入力

上記のポップアップで「Switch Now」を押下すると、既存IBMidまたはメールアドレスを入力する画面が表示されます。
デフォルトでは、今ログインしているBluemix Infrastructureのアカウントに紐づいたメールアドレスがセットされていますが、書き換える事も可能です。
入力後、Submitボタンを押下します。(今回は既存のIBMidを入力しました)

ibmid02.png

※一度Laterを選ぶと、再ログイン時にも一定期間、ポップアップは出なくなるようですので、Switchしたいのにポップアップが出ない!という場合は、メニューの「アカウント」>「ユーザー」>各ユーザーのプロファイル編集ページ から、「Switch to IBMid」ボタンを押すと、同じ画面が表示できます。
ibmid03.png

届くメールのリンクをクリックして有効化

上記でSubmitを押すとすぐに、入力したメールアドレスにメールが届きます。

件名: Action Required! Complete your IBMid - SoftLayer identity link

メール内にある、「Switch to IBMid」のリンクをクリックすると、IBMidとBluemix Infrastructureアカウントの紐づけ処理が完了し、かつ、IBMidのログインページが開きます。(もし、既にIBMidでログイン済みだった場合はそのままBluemix Infrastructureの管理ポータル画面に遷移します)

ibmid04.png

ibmid05.png

IBMidのパスワードを入力すると、ログインが完了し、いつものBluemix Infrastructureの管理画面が表示されます。

ibmid06.png

ibmid07.png

以上で、従来IDのIBMidへの切り替えは完了です。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away