Help us understand the problem. What is going on with this article?

備忘録_git

More than 3 years have passed since last update.

gitコマンド

push

1.git add ファイル名 / ステージングエリアに移動
 ※git status でファイルのパスを探すことも可能
2.git commit -m "変更メッセージ" / コミットの実行
 ※git log で履歴の追加の確認
3.git push リモート名 ブランチ名 / プッシュの実行
 ※デフォルトはgit push origin master

pull

1.git pull origin master / プルの実行

branch

1.git checkout -b ブランチ名 / -bをつけることでブランチの作成とcheckoutを同時に行う
2.git push origin ブランチ名 / リモートにブランチの作成を伝える

随時追加予定

設定
git config —global user.name “aaaa”
git config —global user.email “test@gmail.com

↑は必須。名前とメールを設定する必要があるらしい

便利な設定
git config —global color.ui true

設定を見たい時
git config -l

ヘルプを表示
git config —help

最初の手順

mkdir test → testディレクトリの作成
cd test   → testディレクトリに移動
git init   → マジで最初にやること(指定したディレクトリでgitを使用するよという宣言 )

git addでステージングに移動。
git commitでリポジトリにあげる。

git log で log を確認できる。

commit @@@@@@@@@@@@@@@@→コミットIDみたいなやつ
Author →commitした人
Date → commitした日時

コミットメッセージが表示される

オプション

git log —oneline → コミットIDとメッセのみ見れる

git log -p → 具体的に変更になったところを見ることができる

git log —stat → どのファイルが何箇所変わったかを確認できる

git status → 現在の状況を確認できる(わからなくなったこれ)

Changes not staged for commit → ステージングもコミットもされていないよ。
git add もしくは git checkoutでやり直してと書かれている

modified → 変更されているよ

間違いだった時

git checkout — ファイル名 → 先ほどの変更の取り消し

差分の確認

git diff → 差分の確認ができる※今さっき変更してステージングエリアにあげていないものにしか使用できない

ステージングエリアにあげた後に差分を確認するには↓

git diff —cached → ステージングにあげたファイルの差分の確認

git addの便利使い方

git add . 今のディレクトリよりしたのもの全てをaddしなさいという命令

ステージングやコミットした後にファイルを消す方法

git rm ファイル名 → 削除もしくは移動をさせる
※これしないとgitがファイルがどこに行ったかわからず不具合になる可能性が有る

git管理から外す方法★あとで調べる

vim .gitignore → 作業ファイルを作成する

→この中に『*.log』(拡張子が.logのファイルを管理から外す)
→.gitignoreはステージングに行くが指定したファイルは管理されない
↑と同い階層と下の階層に効果がある

直前のコミットを変更したいとき

git commit —amend → :wq 直前のコミットを変更できる(コミットが増えない)

過去に戻ることができる
git log → git reset —hard HEAD(直前のコミットに戻れる)

git reset —hard HEAD^ 直前のものをHEADという 直前よりも前に戻れる

git rest —hard コミットID(最低前から7桁) でも問題無い

git reset —hard ORIG_HEAD 基本的にコミットは保存されている
※これ調べる必要あり

ブランチの利用

git branch → 今あるブランチを確認できる

git branch hoge → hogeブランチを作成
※今いるブランチには*が付いている

切り替えはチェックアウトでー

ブランチをマスターにあわせる。

1.ブランチをmasterに移動
2.git merge (マージさせたいブランチ名)

ブランチの削除

git branch -d (削除したいブランチ名)

branchを作成してチェックアウトも同時にする

git checkout -b 新規brranch名

コンフリクトの解決

コンフリクトを修正する。

修正した後にgit add .

git commit -m “メッセージ”

タグを使ってみよう!!!!!!!!

コミットのIDにわかりやすい名前をつけることができる

直前のコミットにつけたい時
git tag つけたいタグ名

git show つけたタグ名

前のコミットにタグをつけたい時

git tag つける commitIDをつける

つけたタグを消したい時
git tag -d 消したいタグ名

エイリアスのつけ方

git config — global alias.co checkout

git config —global alias.st status

↑のコマンドのエイリアス設定の確認

git config -

コミットとアドを同時にする場合
git commit -am “メッセージ"

y_sekitoba
異業種からweb業界へ転職。 基本的に備忘録がメインです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした