More than 1 year has passed since last update.

Google Apps Script用のChatWork Clientを中の人が作られているようなので、用意されたAPIを叩くだけで簡単に実現できます。

チャットワークAPI を Google Apps Script で使ってみた | チャットワーククリエーターズブログ

手順

1. Google Apps Scirptのプロジェクト作成

GoogleDriveの[新規]で、Google Apps スクリプトを選択します。存在しない場合は、アプリを追加で、Google Apps スクリプトを検索して追加します。
Screen_Shot_2015-01-15_at_4_37_57_PM.jpg

そうすると、プロジェクトの種類を尋ねるダイアログが開くので、ここでは、「空のプロジェクト」としておきます。
Screen_Shot_2015-01-15_at_5_06_10_PM.jpg

2. ChatWorkClientライブラリの追加

[リソース]->[スクリプト...]で、スクリプトの追加ダイアログが開きます。ここで、ChatWorkClientのプロジェクトキーを検索して追加します。その後、保存でOKです。

cw-shibuya/chatwork-client-gas

Screen_Shot_2015-01-15_at_5_09_58_PM.jpg

3. コードの記述

サンプルメソッドとして、以下のメソッドを追加します。投稿するユーザのAPIトークンと投稿対象のRoom IDが必要になるので、事前に準備しておきましょう。

無題.gs
function sendMessageTest() {
  var client = ChatWorkClient.factory({token: 'your_api_token'});
  client.sendMessage({room_id: your_room_id, body: 'This message is sent from Google Apps Script by ChatWorkClient.'});
}

4. 実行

[実行]->[作成したメソッド]でスクリプトを実行します。
Screen_Shot_2015-01-15_at_4_29_10_PM.jpg

うまくいけば、ChatWorkに投稿されているはずです。
チャットワーク_-_ログ、雑談.jpg

[リソース]のところでトリガーを設定できるようになっているので、定期的なスクリプトの実行も可能です。

これをベースにすれば、各種Google APIと連携し、例えば、Analyticsのアクセス情報やカレンダーのイベント情報を通知するなど、いろいろ応用できそうです。

その他参考URL