新しい twitter gem で proxy を指定する

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

検索すると古い記事にて Twitter.config から指定できるとあるが,少なくとも4.6.2では動作しない.

@t = Twitter::Client.new
@t.connection_options[:proxy] = 'http://proxy:8080'

とやれば指定できる.自分は定型句として

auth.yaml
consumer_key: hoge
consumer_secret: fuga
oauth_token: foo
oauth_token_secret: bar

と書いた auth.yaml を用意して

base.rb
require 'twitter'
class Base
  def initialize
    config = YAML.load_file("./auth.yaml")
    @t = Twitter::Client.new
    config.each_pair do |k, v|
      @t.send("#{k}=", v)
    end
    @t.connection_options[:proxy] = 'proxy:8080'
  end
end

という感じで初期化している.