[Cocos2d-x ver3.4] MacOSXインストール手順

  • 25
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

気づいたら3.4になっていましたので、インストール手順をまとめようかと思います。

環境

  • OS X Yosemite 10.10.2
  • Xcode 6.1.1
  • JDK 1.7.0_71

Xcodeのインストール

App Storeからインストールしましょう。

Command Line Toolsのインストール

$ xcode-select --install

ダイアログが出たらInstallをクリックしましょう。

JDKのインストール

Android向けにビルドするためにJDKが必要となります。

$ java -version

JDKが入っていない場合には自動的にJavaのセットアップが開始されます。

$ java -version
java version "1.7.0_71"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_71-b14)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.71-b01, mixed mode)

セットアップ完了後、上記のようにバージョンが表示されればOKです。

Android SDK、ADTのインストール

Android SDKとADTをインストールします。

以下のURLからAndroid Studioをダウンロードしてください。
http://developer.android.com/sdk/index.html

kobito.1425530148.768063.png

Android Studioをインストールしましょう。
インストールの途中JDKの場所を聞かれます。そのままNextで大丈夫だと思います。
kobito.1425530541.041332.png

下記画面ではandroid-sdk-license、intel-android-extra-licenseのライセンス承諾が必要です。
内容を確認しAcceptを選択後、Finishを押してください。
kobito.1425530681.910478.png

インストールが完了したらAndroid Studioを起動後、Configureを選択してください。

kobito.1425736907.205483.png

SDK Managerを開き、任意のSDKをインストールしてください。

Android NDK

以下からダウンロードして下さい。2015/03/15時点の最新版はr10dのようです。
https://developer.android.com/tools/sdk/ndk/index.html
ダウンロード後、以下のコマンドで解凍する事ができます。

$ chmod a+x android-ndk-r10d-darwin-x86_64.bin
$ ./android-ndk-r10d-darwin-x86_64.bin

Apache Ant

Antが必要になります。下記からダウンロード後、任意の場所へ解凍してください。
http://ftp.riken.jp/net/apache//ant/binaries/apache-ant-1.9.4-bin.zip

Cocos2d-xのインストール

下記からダウンロードしてください。
http://www.cocos2d-x.org/download

解凍後、ターミナルを開いて解凍したディレクトリまで移動します。
setup.pyというpythonスクリプトありますので実行しましょう。

cocos2d-x-3.4 $ ./setup.py

Setting up cocos2d-x...
->Check environment variable COCOS_CONSOLE_ROOT
  ->Search for environment variable COCOS_CONSOLE_ROOT...
    ->COCOS_CONSOLE_ROOT not found

  -> Add COCOS_CONSOLE_ROOT environment variable...
    ->Added COCOS_CONSOLE_ROOT=/Users/yonesuke/Documents/cocos2d-x-3.4/tools/cocos2d-console/bin

->Check environment variable COCOS_TEMPLATES_ROOT
  ->Search for environment variable COCOS_TEMPLATES_ROOT...
    ->COCOS_TEMPLATES_ROOT not found

  -> Add COCOS_TEMPLATES_ROOT environment variable...
    ->Added COCOS_TEMPLATES_ROOT=/Users/yonesuke/Documents/cocos2d-x-3.4/templates

->Configuration for Android platform only, you can also skip and manually edit "/Users/yonesuke/.bash_profile"

->Check environment variable NDK_ROOT
  ->Search for environment variable NDK_ROOT...
    ->NDK_ROOT not found

  ->Search for command ndk-build in system...
    ->Command ndk-build not found

  ->Please enter the path of NDK_ROOT (or press Enter to skip):/Users/yonesuke/Documents/android-ndk-r10d
  -> Add NDK_ROOT environment variable...
    ->Added NDK_ROOT=/Users/yonesuke/Documents/android-ndk-r10d

->Check environment variable ANDROID_SDK_ROOT
  ->Search for environment variable ANDROID_SDK_ROOT...
    ->ANDROID_SDK_ROOT not found

  ->Search for command android in system...
    ->Command android not found

  ->Please enter the path of ANDROID_SDK_ROOT (or press Enter to skip):/Users/yonesuke/Documents/adt-bundle-mac-x86_64-20131030/sdk
  -> Add ANDROID_SDK_ROOT environment variable...
    ->Added ANDROID_SDK_ROOT=/Users/yonesuke/Documents/adt-bundle-mac-x86_64-20131030/sdk

->Check environment variable ANT_ROOT
  ->Search for environment variable ANT_ROOT...
    ->ANT_ROOT not found

  ->Search for command ant in system...
    ->Command ant not found

  ->Please enter the path of ANT_ROOT (or press Enter to skip):/Users/yonesuke/Documents/apache-ant-1.9.4/bin
  -> Add ANT_ROOT environment variable...
    ->Added ANT_ROOT=/Users/yonesuke/Documents/apache-ant-1.9.4/bin


A backup file "/Users/yonesuke/.bash_profile.backup" is created for "/Users/yonesuke/.bash_profile".

Please execute command: "source /Users/yonesuke/.bash_profile" to make added system variables take effect

途中、Android NDK、SDK、Apache Antの場所を聞いてきますので、絶対パスを入力してあげましょう。
(上記はサンプルですので、自分が解凍したディレクトリの位置を入力してください。)

結果、環境変数に

  • COCOS_CONSOLE_ROOT
  • COCOS_TEMPLATES_ROOT
  • NDK_ROOT
  • ANDROID_SDK_ROOT
  • ANT_ROOT

が追加されます。

.bash_profile.bash_profile.backupとしてバックアップされているので、手順に間違いがあった場合などに切り戻して使うことができます。
source ~/.bash_profileするか一旦ターミナルをexitしてください。

テストプロジェクトの作成

ターミナルを起動しましょう。任意のディレクトリにて以下を実行してください。

$ cocos new TestPj -p com.yonesuke.testpj -l cpp

テストプロジェクトが作成されたと思います。cocos newコマンドの引数、オプションはcocos new --helpを参照してください。

ビルド、実行

先ほど作成したテストプロジェクトに移動し、cocos runコマンドを実行します。

$ cd TestPj
$ cocos run -p ios

kobito.1425744404.129355.png

iOSシミュレータでアプリケーションが起動していればOKです。
Androidも起動してみましょう。実機またはエミュレータを起動し、

$ cd TestPj
$ cocos run -p android

kobito.1426421058.311121.png

起動しました。これで開発環境のセットアップは完了です。