Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power BI 勉強帳:最大値を色付けする

先日の勉強会で質問があったので、やり方を考えてみました。
他にもっとスマートな方法や説明があるのではないかとは思いますが、自分の勉強として。

やりたいこと

ある分類について、最大値を色分けしたい。(多分、こういうことだと思います)

image.png

考え方

  1. 分類の表に対して「最大値か/それ以外か」を区別する列(ISMAX列)をつくる
  2. グラフの場合「凡例」にISMAX列を適用する
  3. 表の場合、「条件付き書式」で「ルール」を選択し、ISMAX列を条件に適用する

1. 分類の表に対して「最大値か/それ以外か」を区別する列(ISMAX列)をつくる

前提として、数値の合計をメジャーとしてつくっておきます。

数値SUM = SUM('テーブル'[数値])

image.png

次に、分類のマスタとなる表があると思うので、そちらに計算列として「ISMAX列」を追加します。

ISMAX = 
 if(
    [数値SUM]=MAXX('分類マスタ',[数値SUM]),
    true,
    false
    )

image.png

評価する式の、左辺は各行ごとの数値合計、右辺は最大値を表します。
MAXXの末尾の「X」は行ごとに評価するという意味で、分類マスタの行ごとに計算した結果の最大値を返します。

image.png

分解するとこうなります。
image.png

2. グラフの場合「凡例」にISMAX列を適用する

図のように、ISMAX列を「凡例」に追加します。
[追記]積み上げ棒グラフを使用します。
image.png

このようなグラフの塗り分けは、下記のhrkasnoさんの記事が詳しいです。
https://qiita.com/hrkasno/items/a472d7094d2b862f0eed
hrkasnoさんは他にもグラフの見せ方について沢山記事を書いて見えて、どれもすごく参考になります!

3. 表の場合、「条件付き書式」で「ルール」を選択し、ISMAX列を条件に適用する

表の場合、「true,false」だとうまくできなかったので、「1,0」という数値にしました。

ISMAX2= 
 if(
    [数値SUM]=MAXX('分類マスタ',[数値SUM]),
    1,
    0
    )

image.png

現在のPower BIでは、表に含まれないフィールドに基づく書式設定ができるようになっています。便利!
image.png

条件付き書式を設定するには、設定したいフィールド名を右クリックするか、下向き三角をクリックし、条件付き書式を選択します。

image.png

設定画面で、「ルール」を選び、フィールドISMAX2について、合計が1の場合に好きな色になるようルールを作成します。
image.png

「概要」は日本語だとわかりにくいですが、英語だと「summarization」で、評価する値を1つ算出するための計算方法を選ぶ欄と言えばいいでしょうか。今回はもともと評価対象の値が1つずつ(1か0)なので、合計でなく、平均、最大値、最小値などを選んでも結果は同じになります。

こういったラベルは、英語の方が直感的に分かりやすく、私はよくわからなかったら英語にしてみるということをたまにします。(英語力もさほど無いのでアレですが…)
image.png

最後に

色分けはひと手間掛かるのですが、レポートがぐっと見やすくなることがあり便利ですね!

自分の場合ですと、利用者がExcelに慣れている文化があり、表が求められる事が多いのですが、数字だけだと1目で分かりにくいので、必ずデータバーなどを足して使っています。

もう1歩踏み込むと、Power BIでは、Excelより少ない手間でより多くの表現ができるので、今までは「最大値を色分けする」という表現方法だったけれども、本当に一目で表現したいことに対して、もしかしたら別の見せ方ができるかもしれないな、という目で検討してみるのもいいんじゃないかなと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away