一般ユーザだけどzshとvimを入れたい

More than 5 years have passed since last update.


概要

一般ユーザのアカウントを作ってもらったけど,vimもzshもインストールされてなくて辛い!と思ったので,入れてみた.


  • OS: Ubuntu12.04


zshのインストール


ソースコードの取得

 $ bzip2 -dc zsh-xxx.tar.bz2 | tar xvf -

$ cd zsh-xxx


make

デフォルトだと/usr/local/binに入るけど,管理者じゃないと無理なので,ホームディレクトリの下に入れる必要がある.


  • ホーム下にlocalフォルダを作成

 $ mkdir ~/local


  • ./configureを実行しmakeする,この際,次のオプションを指定する.


    • --prefix=${HOME}/local : インストール先を変えられる

    • --enable-multibyte : マルチバイト対応

    • --enable-locale : 多言語対応(なくてもいいかも?)

    • その他のオプションについては, ./configure -h で見れる



 $ ./configure --prefix=$HOME/local --enable-multibyte --enable-locale

$ make
$ make install


シェルを変更

通常,シェルを変更する場合にはchshコマンドから行うが,残念ながら/etc/shellsを編集する手段がないため,.bashrcでzshを呼ぶという荒業?をしてみる.

 $ vi .bashrc



  • .bashrcの一番下に次を追記.

    ${HOME}/local/bin/zsh
    


  • source ~/.bashrc する


  • ${HOME}/local にパスを通す



vimのインストール

めんどうなので依存を手動で入れなかった・・・


ソースコードの取得


  • ソースコードを落とす→Downloading Vim


    • Mercuialも残念ながら入っていなかったので,圧縮されたやつをとってくる.



  • 解凍する(略)


make

僕の環境では,次でconfigureしたらコケなかった.

 $ ./configure --prefix=${HOME}/local \

--with-features=huge \
--disable-darwin \
--disable-selinux \
--enable-multibyte \
--enable-fail-if-missing \

あとはmake; make install


参考