Posted at

スマホを基板操作やロボットにするための準備

More than 3 years have passed since last update.

基板を触ってみたいけど怖い。ただの文鎮にしそうだ。

そんなあなたに向けて、お手持ちのスマートフォンで出来るものを考えてみます。

まずは、お手持ちのスマートフォンの機種をご確認ください。


iOSの方

こちら外部の機器をつなげるにはいろいろ厄介ではありますが、可能です。

そう、イヤホンジャック があります。

こちらから信号をWebAudioAPIで出し、機器を制御する事が可能です。

お手軽に使うには以下のサーボモーターのセットがおすすめです。

プチロボ2

こちらをイヤホンジャックに刺し、以下のライブラリを使えばJavaScriptだけでサーボモーターを好きな角度で止める事ができます。

https://github.com/wakasamasao/audioServo/


Androidの方

ご自分の機器がOTG(On The Go)というものに対応してるかどうかで変わります。

このあたりは以下のページをご覧ください。

USB OTGを知ってますか? Androidで生かせるクールな5つの使い方

していなかった場合は上記の [iOSの方] を参考にしてみてください。

OTGに対応していたら複雑な制御ができる基板を利用できます。

以下のページを参考にArduinoをスマホのブラウザから簡単に制御する事ができるようになります。

超簡単!Arduino UNOをMIDIコントローラーにしよう!


WindowsPhoneの方

IEしか使えないという所をいろいろ乗り越える必要があります。

Windows10 mobileを持っていないので検証したいのでサンタさん・・ください・・・。

という形で、お手持ちのスマホで、ちょっとだけパーツを買う事で基板操作ができます。

もちろんスマホじゃなく普通のPCでも可能ですが、感動するところとしてはスマホの方がおすすめです。

では、楽しいJavaScriptライフを!