Elasticsearch+Kibanaインストール(プロキシ&自動起動設定含む)

記事概要

Elasticsearchとkibanaをサーバが起動された時に自動的に起動する形で設定をする方法を下記に紹介する。
なお、下記の内容はElasticsearchのドキュメントページ(下記URLを参考にした)
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/setup-repositories.html

各種プロキシ設定

プロキシサーバがある場合、こちらからRPMやYumのプロキシを設定する。
(プロキシがない場合、飛ばして良い)
http://oscasierra.net/2011/05/redhat-proxy/

Elasticsearchインストール

GPG-KEYの取得

下記のコマンドを実行してGPG-Keyの取得をする。
129.168.0.1は自分の環境のプロキシサーバのアドレス,7777にはプロキシのポート番号を設定する。
(プロキシサーバがない環境の場合は省略する)

プロキシありの場合
sudo rpm --httpproxy 129.168.0.1 --httpport 7777 --import https://packages.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
プロキシなしの場合
sudo rpm --import https://packages.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch

レポジトリ登録

elasticsearch.repoを下記の場所に作成し、下記の内容を記述する

sudo vi /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repo
elasticsearch.repo
[elasticsearch-5.x]
name=Elasticsearch repository for 5.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md

Yumでインストール

下記のコマンドを実行し、elasticsearchをインストールする

sudo yum install elasticsearch

起動設定

/etc/elasticsearch/elasticsearch.ymlを開き、network.hostをElasticsearchをインストールしたサーバのIPアドレスに変更し、コメントを外す。

vi /etc/elasticsearch/elasticsearch.yml
elasticsearch.yml
network.host: xxx.xxx.xxx.xxx(ElasticSearchをインストールしたサーバのIP)

elasticsearchを再起動する

下記のコマンドを実行し、elasticsearchを再起動する。

sudo service elasticsearch restart

自動起動設定

下記のコマンドを実行し、自動起動設定をする。

sudo chkconfig elasticsearch on

Kibana

GPG-KEYの登録

GPG-KEYをダウンロード&インストールする。

rpm --import https://packages.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch

Repositoryの登録

/etc/yum.repos.d/の下にあるkibana.repoを作成し、下記の内容を記述する。

command
sudo vi /etc/yum.repos.d/kibna.repo
kibana.repo
[kibana-5.x]
name=Kibana repository for 5.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md

YumでKibanaインストール

下記のコマンドを実行し、kibanaをインストールする

command
sudo yum install kibana

Elasticsearchとの接続設定

/opt/kibana/config配下にあるkibana.ymlを編集し、elasticsearch.urlの値を下記の通り変更する(xxx.xxx.xxx.xxxはelasticsearchのIPを設定する)

command
sudo vi /opt/kibana/config/kibana.yml
kibana.yml
elasticsearch.url: "http://xxx.xxx.xxx.xxx:9200"

自動起動設定

sudo /bin/systemctl daemon-reload
sudo /bin/systemctl enable kibana.service

下記にアクセスして確認。下記の画面が表示されればOK。
http://xxx.xxx.xxx.xxx:5601/

image

なお、この方法でインストールした場合、elasticsearchのインストール先は下記の通りとなる
詳細は下記を参照
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/setup-dir-layout.html

elasticsearchインストール先
/usr/share/elasticsearch

以上の手順が完了したら、次の手順に進む
Elasticsearchプラグインの紹介とインストール手順

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.