Help us understand the problem. What is going on with this article?

nginx で クライアント認証したい!- ベーシック認証の置き換え

More than 3 years have passed since last update.

必要なものは全てここにある

http://server-setting.info/centos/private-ca-cert.html

・・・だけだと終了してしまうので、もろもろ追記。
(まだ整理できてない箇所もあるので、違ってたら突っ込みお願いします)

そもそもクライアント認証って?

そもそもの発端は、「社内で使っていた管理画面を外部業者に委託したい」という所から。
社内限定であればIPベースのFW(AWSならセキュリティグループ)の設定で事足りてたのですが、いざ外部に公開となると、IP制限では対応しきれない...!

当然ベーシック認証も設定はしてあるものの、アタックされる可能性もなきにしもあらず。

そこで!ベーシック認証の代替手段として、「クライアント認証」の登場です。

仕組みはこういう(SSL:クライアント認証 )ページを見て頂いた方が早いのですが、平たく言うと 証明書を持った特定の端末(厳密にはブラウザ)からしかアクセスできない 認証方法となります。

証明書が漏れた場合はその証明書を失効させる事もできるため、セキュリティ的にはベーシック認証と比べかなり安心安全です。

用語の整理

まず最初の壁がここ。聞き慣れない(見慣れない)単語が多くて萎縮して発狂しないようにするために用語の整理。

用語 別の言い方 説明 内訳
CA Certificate Authority, 認証局 「この人ダイジョブ」ってサーバ証明書の信頼性の責任持つ人。証明書の保証人みたいな。保証人の保証人もいる(=中間CA) -
ルートCA ルート認証局 保証人の保証人の...を辿っていった一番最後の人。他の保証人がいないので、証明書は オレオレ です。Verisign とか comodo とか Symantec とかがこれにあたる -
CSR Certificate Signing Request 認証局に「サインくれ」っていうために書く申請書みたいなもの。証明書を設置するサーバ側が発行する 「サーバの公開鍵」+「組織名とか所在地とか」
CRT CeRTification(の略。恐らく。), SSL証明書, サーバ証明書 いわゆるサーバ証明書(後で補足予定) (「CSR」+「CAのサイン」)→CA秘密鍵で暗号化

クライアント認証のためにやること

最初の link の概略になりますが。処理の流れは以下↓

  1. openssl をインストールする
  2. 認証局(=プライベートCA)を自前で作る
  3. サーバ証明書を作成する。そして自分で作ったCAでサインする。
  4. クライアント証明書を作成する。そして自分で作ったCAでサインする。
  5. クライアントに証明書を渡して、ブラウザにインストールする。
  6. nginx の設定をする

諸注意

4. クライアントに証明書をインストールする

PKCS#12 ファイルの作成

PKCS#12 ファイルは、クライアントに配布するためのパッケージファイルです。
中身は以下の3点が入っており拡張子は .p12 となります。
※上記のリンクは拡張子が .pfx となってますが、同じものっぽい?
- クライアント証明書
- クライアント秘密鍵
- 認証局証明書

上記のリンクの方法(4-4)だとプライベートCAの証明書が入っていないので、3点含めて pkcs#12 に変換します。
newcert.pem, newreq.pem がカレントディレクトリにある状態で、次のコマンドを実行します。

# /usr/lib/ssl/misc/CA.sh -pkcs12
Enter Export Password: PKCS#12 保護用パスワードを入力(何でも可能)
Verifying - Enter Export Password:

CA.shは内部的には openssl を実行しているので、もし↑の CA.sh でエラーが出た時は愚直に openssl コマンド叩くしかないです。

# openssl pkcs12 -nokeys -in newcert.pem -inkey newreq.pem -certfile /path/to/cacert.pem -out newcert.p12 -export -name "My Certificate"

クライアント側のインストール

上記で作成した PKCS#12 ファイルを、何かしらの方法でクライアント認証をしたい端末に送ります。

後は最初のリンクの「(おまけ)プライベート認証局を登録(インポート)する」の項目とほぼ一緒です。
読み込むファイルを指定した時にパスワードを聞かれるので、先ほど PKCS#12 ファイルを作成した時に使ったパスワードを入力してください。

プライベートCAを読み込んだあと、以下のチェックボックスを忘れずに有効にしてください。
スクリーンショット 2015-12-29 20.08.13.png

対応クライアントを増やすには

4, 5 をやればよいはず。

5. nginx 側の設定

server {
  listen 443 ssl; # ssl on; ではなく、listen に書くのが推奨

  server_name foo.example.com;

  # server certificate
  ssl_certificate /etc/ssl/CA/certs/foo.example.com.crt; # サーバのSSL証明書。3.で作ったもの
  # server private key
  ssl_certificate_key /etc/ssl/CA/private/foo.example.com.key; # サーバの秘密鍵。3.で作ったもの

  ssl_verify_client on; # クライアント認証しまっせ
  # ssl_verify_depth 2; # 中間CA を使う場合のみ

  # CA certificate
  ssl_client_certificate /etc/ssl/CA/capem.pem; # プライベートCAの証明書。2.で作ったもの

  location ~ /foo {
    # as you like
  }

}

設定後、nginx の再起動を忘れずに。

参考

http://www.ssl-concier.com/news/topics/164
http://d.hatena.ne.jp/install-memo/20110906/1315291837
http://server-setting.info/centos/private-ca-cert.html
http://vimtaku.github.io/blog/2014/03/16/apache-nginx-client-certificate/
http://www.nslabs.jp/pki-client-certification-with-nginx.rhtml
http://nginx.org/en/docs/http/ngx_http_ssl_module.html#ssl_client_certificate

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away